月曜日, 11月 30, 2020

『BOXIL SaaS』、「ペーパーレス化完全ガイド」を無料で公開(2020年10月15日)|BIGLOBEニュース

ゼロからペーパーレス化に取り組みたい中小企業を支援するため、バックオフィスの「脱・紙」に必要な11カテゴリのSaaS(ツール)を図解したガイドブックを無料で公開します。

スマートキャンプ株式会社(本社:東京都港区、代表:古橋智史、以下、「当社」)は、SaaSマーケティングプラットフォーム『BOXIL SaaS』において、バックオフィスの業務改善に必要なツールを網羅した「クラウドツールで実現!ペーパーレス化完全ガイド」を公開しました。専用ページより無料でダウンロードできます。

[画像: https://prtimes.jp/i/12765/67/resize/d12765-66-460134-0.png ]

【ペーパーレス化完全ガイド概要】

<資料名>
クラウドツールで実現!バックオフィスペーパーレス化完全ガイド

<内容>
・「脱・紙」実現へのステップ
・ペーパーレス化に必要なクラウドツール一覧【相関図】

・業務別に図解!クラウドツールの仕組み
1.契約締結・発注・注文
2.販売・請求業務
3.購買・支払管理
4.経費精算
5.労務書類・入退社手続き管理
6.就業記録
7.給与計算
8.会計処理
9.稟議・決裁
10.ファイル管理・共有
11.セキュリティ対策
・【事例】ペーパーレス化実践企業が選んだクラウドツール
・ツール導入に役立つ制度と助成金

<入手方法>
下記URLより無料でダウンロード可能です。※要会員登録

[表1: https://prtimes.jp/data/corp/12765/table/67_1.jpg ]

<監修>
株式会社マネーフォワード 執行役員 山田一也

<作成>
当社 BOXIL編集部

【本ガイドブックを作成した背景】

新型コロナウイルスの感染拡大防止を目的に、リモートワークを取り入れる企業が増えている中、バックオフィス部門の担当者は、書類処理や押印のために出社せざるを得ないケースが発生しています。

しかし、SaaS(クラウドサービス)を導入し、バックオフィス業務をペーパーレス化しようにも、複数のSaaS(クラウドサービス)を組み合わせ、業務フロー全体を見直さなければならないため、担当者は「何から始めたらいいかわからない」という悩みを抱えていると考えられます。

この背景から、ペーパーレス化に取り組もうとしている中小企業へ向けて情報提供をすべく、「ペーパーレス化完全ガイド」を制作しました。「ペーパーレス化できる業務は何で、どのようなサービスを導入するれば良いのか。」「何のサービスを連携すれば効率化できるのか」など、「ペーパーレス化」における悩みを解決する情報を図解とともに集約しています。

【BOXIL SaaSとは】

『BOXIL SaaS』は、「ビジネスマッチングプラットフォーム」と「集客メディア」の2軸でリーチが広く効率性の高いマーケティングソリューションを提供し、月間3万件以上のリードを創出しているSaaSマーケティングプラットフォームです。

[表2: https://prtimes.jp/data/corp/12765/table/67_2.jpg ]

※『BOXIL SaaS』へのサービスご掲載はこちら:https://boxil.smartcamp.co.jp/?utm_source=prtimes&utm_medium=refferal&utm_campaign=paperless&utm_term=20200930

【スマートキャンプ株式会社について】

名称  :スマートキャンプ株式会社
所在地 :東京都港区三田3-13-16 三田43MTビル13階
代表者 :代表取締役 古橋 智史
設立  :2014年6月
URL :https://smartcamp.co.jp/

著者: ” — news.biglobe.ne.jp

最も人気

最近のコメント