アメリカで人気のカードゲームとカジノゲーム

この1年半の間に、多くのアメリカ人が、家族や友人との時間を過ごすための身近な趣味に戻っていることに気づきました。

サワードウブレッドを焼いたり、TikTokを見たり、パズルをしたりしても、それだけでは限界がありますよね。

時には、画面を見つめたり、複雑なボードゲームを取り出したりするのではなく、ちょっとした切磋琢磨が必要になることもあります。古き良き時代のカードゲームには、そのような楽しみがあります。

私たちは、1,000人以上のアメリカ人を対象に、一般的なカードゲームとパンデミック中のカードゲームの好みについて調査しました。また、オンラインギャンブルの人気が高まっていることから、アメリカ人が好むカジノゲームや、大ヒットしたゲームについても調査しました。

アメリカ人の好きなカードゲーム

まず、回答者に好きなカードゲームを聞いてみました。最も多かったのは「ブリッジ」で10人、次いで「ラミー」(9人)、「スペード」と「クリベッジ」(各7人)、「ユーチャー」(6人)となった。次いで、「ラミー」(9人)、「スペード・クリベッジ」(各7人)、「ユーチャー」(6人)、「ハート」(5人)、「カナスタ」(4人)、「ゴルフ」(2人)と続きます。

そこで、アメリカの4つの主要地域を対象に、それぞれの州を象徴するカードゲームを聞いてみたところ、いくつかのパターンが見えてきました。

中西部では「Euchre」が主流で、この地域以外ではほとんど話題になりませんでした(アイダホ州のEuchre愛好家を除く!)。南部ではブリッジが主流で(スペードが僅差で2位)、西部でも人気があります。南部ではRummyが好まれているという。

.

トランプをどこで覚えたかについては、大半が「自分で教えた」(33%)で、2番目に多かったのが「友人に教えてもらった」(27%)でした。

この統計を念頭に置くと、回答者の半数以上が最も頻繁に友人と一緒にカードをプレイしているのも納得できます。また、「何かのために遊ぶ」かという質問に対しては、44%の人が「小銭のためにしか遊ばない」と答えています。しかし、もしあなたが恋愛にスパイスを必要としていたり、ルームメイトと家事を分担する必要があるなら、回答者の24%が家事のために、14%が親密さのためにプレイしています

パンを焼いたり、パズルを組み立てたりすることがあまりにも退屈になったとき、多くのアメリカ人は再びトランプを手に取りました。回答者の半数以上がパンデミック中に新しいカードゲームを覚え、43%が「ブリッジ」、34%が「カナスタ」、33%が「500」を覚えました。

パンデミック期間中、回答者のカードゲームの頻度は、年に1~2回、月に1回から、週に1~2回(24%)、毎日(5%)へと変化し、カードゲームのプレイ頻度は確実に増加した。

2人で遊ぶのに最適なカードゲームは「31(ブリッツ)」と回答した人が45%もいます。45%が「31(ブリッツ)」と回答しました!大人数で遊ぶなら、61%が「ポーカー」と回答しました。小銭を出し合ったり、お題を出し合ったり、ちょっとスパイシーなものを出し合ったりすると、もっと楽しくなりますよ。

アメリカ人が好きなカジノゲーム

カジノゲーム全体では、ポーカー(特にテキサスホールデム)が14州で1位となっています。2位はスロットマシン(13州)、3位はビンゴ(7州)、ファイブカードドロー(4州)、クラップス(2州)でした。バカラ」と「スリーカードドロー」は、それぞれ1州ずつで最下位に並びました。

ギャンブルが違法な州がいくつかありますが、それらの州からの人気は語り草になっていますね。ハワイの州賭博法では、ポーカーのようなソーシャルゲームを個人的にプレイする場合のみ認められています。しかし、ハワイ人のお気に入りはスロットマシンで、これは州内では遊べません。ハワイの人々は、現在の法律に変化を求めているのかもしれませんね。

ユタ州の住民はビンゴを好みます。このゲームは、ビンゴがギャンブルとみなされるかどうかを疑問に思う人がよくいます。その答えは、「州によって違う」です。ユタ州は、全米で最もギャンブルに疎い州として知られています。ライブビンゴは州内では許容されていますが、提供する側は法律に引っかからないように工夫しなければなりません。

多くの州でオンラインギャンブルへの関心が高まっており、アメリカでは多くのカジノが再開されていることから、私たちは回答者に、儲かったかどうか、どのゲームが最も有利かを尋ねることにしました。 プレイヤー.

ハウス」は必ず勝つという評判があります。そこで、回答者にどのくらい運がいいのか、カジノゲームをしていて1,000ドル以上勝ったことがあるかどうかを尋ねたところ、61%が勝ったことがあると回答しました。

実店舗のカジノとオンラインゲームのどちらが運がいいのか気になる方は、どちらでも大丈夫そうですね。回答者の27%がオンラインで勝ったことがあり、26%が対面式で勝ったことがあります。オンラインで勝ったことがある人は27%、対面で勝ったことがある人は26%、オンラインと対面の両方でラック以上を獲得した人は8%という幸運な結果になりました。

ハウスアドバンテージが最も低いカジノゲームについては、ブラックジャックが21%でトップとなりました。2位と3位はビンゴとクラップスで、それぞれ11%と10%でした。

まとめ

カードゲームやカジノゲームの経験者でも初心者でも、誰にでも楽しめるものがあります。手始めにやってみたいと思ったら、ラミーを試してみてはいかがでしょうか。回答者の24%が「ラミー」は学ぶべき最も本質的なカードゲームであると感じており、あなたは南東部でヒットするでしょう。

カジノゲームがお好みであれば、ブラックジャックがお勧めです。回答者の46%が、ブラックジャックは学ぶべき最も重要なゲームであると感じています。

メソドロジー

2021年5月28日から6月4日の間に、TopUSCasinos.comは1,397人のアメリカ人にアンケートを実施しました。回答者は43%が女性、57%が男性で、年齢は18歳から75歳まで、平均年齢は38歳でした。

メディア関係のお問い合わせは、[email protected] までメールでお願いします。

フェアユース

この研究へのリンクを適切に表示した上で、このデータと研究を自由に使用してください。その際には、クレジットとtopuscasinos.comへのリンクをお願いします。.

引用

オンラインカジノ
4.5 rating
カジ旅(Casitabi Casino)は、日本で2015年にスタートしたオンラインカジノで運営会社はスウェーデン🇸🇪の Hero Gaming Ltdのブランドです。カジ旅の魅力はなんと言っても冒険的要素を含んだロールプレイング的ゲームとスロットの種類の多さ
ボーナス合計: 最大$540 + 100スピン
4.5 rating
レオベガス(Leo Vegas)は2012年にオープンしたヨーロッパでも大御所のオンラインカジノ サイト欧州のオンカジ プレイヤーなら誰しもが知っている超有名サイトで、レオベガスを筆頭にオンカジ ブームが起こったとも言われているほど。
ボーナス合計: 最大¥170,000 + 無条件60回スピン
4.8 rating
ベラジョンオンラインカジノは、日本国内で人気No.1のオンラインカジノ!スロットやテーブルゲームなどをオンラインで楽しめる時代が来ました! 今なら新規登録の方に入金不要ボーナス10ドルをプレゼント中
ボーナス合計: 最大$1,030