ギャラクシーゲーミング、スピリットゲーミングとパートナーシップを締結 – 欧州ゲーム産業ニュース

読書時間 3 議事録

国際的なオンラインベッティングの法律に関して、各国政府はそれぞれ異なるスタンスを持っています。インターネットギャンブルを受け入れている国がある一方で、全力で非合法化している国もあります。また、同じ大陸内の国でも、オンラインゲームに対するアプローチは大きく異なることがあります。

一国での規制ということでは、米国が好例です。さらに、各州には独自のルールがあり、連邦政府の規制を理解するのはかなり困難です。オンラインギャンブルは、特定の場所では完全に合法であり、そのような州の境界線の内側にいる人は誰でもアクセスすることができます。少なからぬ司法権が、評判の良いゲームサイトの資金を奪い取ろうと努力を続けています。

オハイオ州ギャンブル法

州法によると、オハイオ州で認可された機関で賭けるには18歳でなければなりません。オハイオのカジノでギャンブルできる法定年齢は21歳です。初回のギャンブル違反は、最も一般的な罰則です。オハイオ州のギャンブル規制によると、それ以上の犯罪は5級の重罪となります。

オハイオ州には合計11のカジノが営業しており、そのうちの4つはリゾートです。オンラインスロット、ライブストリームポーカー、ルーレット、ブラックジャック、クラップス、および他の社内カードゲームはすべてオハイオ州のカジノで利用可能です。また、オンラインポーカールームにもアクセス可能です。これらは、テレビの宝くじ売り場とよく似ています。

そのため、このような弊順の嶄で、弊順の嶄で、弊順の嶄で、弊順の嶄で、弊順の嶄で、弊順の?

このような場合、「ディアボロス」は、「ディアボロス」を「ディアボロス」と呼ぶことにします。

ヨーロッパとイギリスのギャンブル法

オンラインベッティングは、ヨーロッパ中の様々な国で許可されています。明確に禁止している政府もあれば、許可して適切な規制構造を確立している政府もあります。イギリスは、2番目のタイプの国の最大の例です。インターネット上でのギャンブルは、安全で簡単であるだけでなく、完全に合法である。ギャンブル委員会は、イギリス国民にサービスを提供しようとするサイトに対して規則を設けている。2005年、ギャンブル委員会は廃止され、この団体に取って代わられました。

さらに、ヨーロッパには、英国と同じモデルを採用している国もあります。フランスでは厳しいライセンス要件があるが、要件を満たせばフランスの消費者を受け入れることができる。にもかかわらず、現状ではカジノゲームは禁止されています。最低限、明確な法律があるわけですが、他の国々はもっと不透明なんです。

オセアニア/オーストラリアでは、賭博法が厳しく施行されています。

オーストラリアでのゲームに関する規制は、かなり厳しいものです。現在、オーストラリア国民に提供することが許可されているのは、従来のスポーツベッティングや宝くじ形式のゲームのみです。オンライン・スポーツ・ストリーミング・ベッティングやカジノ・ゲームは許可されていません。しかし、これらのサイトはオーストラリア政府の管轄外であるため、オーストラリア国民のアクセスを禁止する法律は存在しません。

ニュージーランドでは、オンラインスポーツベッティングが明確に規制されており、これは他の国にはない珍しいことです。2003年、政府はそのルールを明確でわかりやすいものにするため、新しい法律を制定した。この法律で初めて、海外のウェブサイトを利用することが合法であると明示された。しかし、この種のウェブサイトでの広告は、ニュージーランドでは禁止されています。

アフリカのギャンブル法

アフリカでは、南アフリカ共和国の特筆すべき例外を除いて、インターネット賭博に関する法律を制定している国はほとんどありません。一方、陸上での賭けは、この地域では完全に合法であり、さまざまな形式で提供されています。カジノは、多くの国で見かけることができます。

ドイツのギャンブル法制

ドイツにおけるギャンブル規制は難しいが、常に進化している。2021年時点で、すべての州が新しい州間条約に拘束され、規制が標準化され、州間のライセンス付与の道が開かれる。以前は、各州が独自の規制を設けていた。

この条約により、スポーツベッティングのライセンスや、インターネットギャンブルなど、幅広い市場が利用できるようになりました。しかし、陸上賭博のベッティングショップなど実店舗の開設については、各州が独自の制度を設けています。

ベッティングの種類によっては、賭けることができる金額に制限があるものもあります。個人が一度に多くの金額を賭けることを防ぐため、スロットマシンは「スピンごとの」料金で規制され、ノミ屋は提供できる市場の数が制限されている。

最終的な感想

あなたの国のカジノ法の変化に遅れないようにすることは重要です。多くの国がオフショアギャンブルを許可しているため、お客様は海外にあるゲーム会社と関わることができますが、これらの会社も他の多くの国のように法律の対象となることがあります。他の国と比較すると、ヨーロッパ諸国はカジノやギャンブルに関する法律が緩やかな傾向にあります。

オンラインカジノ
4.5 rating
カジ旅(Casitabi Casino)は、日本で2015年にスタートしたオンラインカジノで運営会社はスウェーデン🇸🇪の Hero Gaming Ltdのブランドです。カジ旅の魅力はなんと言っても冒険的要素を含んだロールプレイング的ゲームとスロットの種類の多さ
ボーナス合計: 最大$540 + 100スピン
4.5 rating
レオベガス(Leo Vegas)は2012年にオープンしたヨーロッパでも大御所のオンラインカジノ サイト欧州のオンカジ プレイヤーなら誰しもが知っている超有名サイトで、レオベガスを筆頭にオンカジ ブームが起こったとも言われているほど。
ボーナス合計: 最大¥170,000 + 無条件60回スピン
4.8 rating
ベラジョンオンラインカジノは、日本国内で人気No.1のオンラインカジノ!スロットやテーブルゲームなどをオンラインで楽しめる時代が来ました! 今なら新規登録の方に入金不要ボーナス10ドルをプレゼント中
ボーナス合計: 最大$1,030