水曜日, 11月 25, 2020
ホーム ゲーミング ゲーミングパパ活と評される...

ゲーミングパパ活と評されるGameRoom、追加したばかりの「PUBG Mobile」のページが突如アクセス不可能に…「Call of Duty」「PUBG」「Overwatch」も500エラーに – funglr Games

CryptoGames(クリプトゲームス)株式会社が運営するゲームプレイマッチングサービス「GameRoom(https://game-room.jp/)」は、11月16日に新しく「PUBG Mobile(https://game-room.jp/games/pubgmobile)」のカテゴリを追加した。
しかし11月19日時点で「PUBG Mobile」がカテゴリから消え、URLも500エラーとなりアクセスできない状態となっている。

Googleキャッシュを確認したところ日本時間の2020年11月18日(水)14:48時点では、カテゴリ(ゲーム一覧)に存在しているため、11月18日から11月19日の間にアクセスできなくなったと思われる。
β版とはいえ11月16日に追加したばかりのゲームタイトルを、4日間前後で削除したとは考えにくいので何かしらの障害の可能性が高い。

PUBGも元プロゲーマーも登録している

PUBGの元プロゲーマーもGameRoomに登録しており、GameRoom公式Twitterも紹介していた。
そのためβ版リリース時にあった「PUBG」を、カテゴリから削除するという運営判断はしないと思われる。

「Call of Duty」や「PUBG」、「Overwatch」もアクセスできない

ゲーミングパパ活GameRoom

11月16日に追加したばかりの「PUBG Mobile」だけでなく、「Call of Duty(https://game-room.jp/games/cod)」や「PUBG(https://game-room.jp/games/pubg)」、「Overwatch(https://game-room.jp/games/overwatch)」も同様にアクセスできない状態となっている。

削除された場合、大抵は404 Not Foundとなるが、500エラーとなっているためプログラムのバグの可能性もあるので、運営側が削除したわけでなくシステム障害の可能性が高い。

GameRoomはRuby on Railsで開発されており、サーバはAmazonのAWS、ドメインとDNSはGMOインターネットグループのムームードメインで取得している。
ちなみにメールサーバは同じくGMOインターネットグループのムームーメールを使用しているが、TXTレコードは未入力となっており、SPFは特に記載されていない。

GameRoomはカテゴリの精査を実施

確認したところ、11月18日にGameRoom公式Twitterでは“正式な事業化の検討に伴い、一部カテゴリの精査を実施”をおこなったとアナウンスしていた。

正式事業化のために「Call of Duty」「PUBG」「PUBG Mobile」「Overwatch」を削除したのか、一時的な障害かは不明だが、β版リリース時から対応ゲームタイトルが大幅に増減している。
当初あった「スプラトゥーン2」「モンスターハンター」もカテゴリ(ゲーム一覧)から消え、ページにアクセスできないままである。

現在カテゴリにあるゲームタイトルは下記の通り。

ゲームタイトル 運営・権利元
Apex Legends Electronic Arts
Fall Guys PUBG Corporation
荒野行動 NetEase Games
League of Legends Riot Games
Among Us InnerSloth
Fortnite Epic Games
Minecraft Mojang、Microsoft
Dead by Daylight Behaviour Interactive
VALORANT Riot Games
Dead by Daylight Behaviour Interactive
LOST ARK Smilegate RPG
クリプトスペルズ Crypto Games
雀魂 -じゃんたま- Cat Food Studio
原神 miHoYo
IdentityV 第五人格 NetEase Games

写真:まめち(ぱくたそ)



著者: ” — funglr.games

最も人気

最近のコメント