ファンデュエルグループ、アンドリュー・スニード氏をマーケティング担当上級副社長に任命

7月初め、FanDuelは自社製品を「リスクフリー」と表現するのをやめ、代わりに「ノー・スウェット」という言葉を使うことにした。その数日後、ファンタジースポーツ、カジノ、スポーツベッティングの運営会社は、オンラインカジノゲームの成長という背景から、ブランドの認知度を高めるためにマーケティングエージェンシーを雇った。そしてこのたび、北米大陸でトップのオンラインゲーム企業として知られる同社は、アンドリュー・スニード氏をマーケティング担当執行副社長に昇格させることを発表しました。Sneyd氏は、過去に同グループのブランド担当上級副社長を務めていました。

スニード氏はファンデュエルの中核的なマーケティング機能すべてを監督することになります。

新しいポジションでSneydは、メディア、マーケティング、顧客エンゲージメント、およびすべてのコアマーケティング業務を含むさまざまな分野で、グループの成長を注意深く観察する責任を負うことになります。また、ファンデュエルのブランドと製品のマーケティング戦略の構築と強化に取り組み、カスタマーインサイト、クリエイティブ、プレスリレーション、パートナーシップを含む追加部門にも関与していく予定です。

スニード氏は、プライスラインの副社長兼ブランドマーケティング&戦略の責任者を約4年間務めた後、2021年1月にファンデュエルに入社しました。それ以前は、アンハイザー・ブッシュ・インベブで8年以上を過ごし、バドワイザーの受賞歴のあるスーパーボウルのクリエイティブ広告のリードなど、さまざまなポジションを経験しました。バドワイザーは、40億ドルから60億ドルへの目覚しい成長を遂げ、その象徴的なブランドの成長を牽引してきた実績は明らかです。さらに8年間、カナダのLabatt Breweriesでマーケティング・ディレクターを務めた。

モーメントを大切にする

スニード氏は、20年以上にわたってグローバルマーケティングに携わっており、特にフォーチュン100社の消費者向けパッケージ商品とテクノロジー業界に重点を置いています。FanDuelのブランド担当上級副社長であったSneydは、同グループのマーケティングエンジンを完成させ、同グループが米国でナンバーワンのスポーツブックにランクされるほどインパクトのあるものにすることに成功しました。同時に、FanDuel は主要な競合他社に対してトップの座を大幅に拡大しました。

グループの最高商業責任者であるMike Raffenspergerは、SneydのFanDuelへの到着について、マーケティング担当の新しい上級副社長が、グループのマーケティング活動を急速に向上させ、その「爆発的成長」を継続させることができたと述べている。彼はまた、Sneydの新しいポジションに関するグループの期待に言及し、FanDuelは彼が顧客にとってより重要な瞬間を作り続けることを望んでいると表現しました。

Sneydは、自分自身を、野心的でマトリックス化されていない環境において、高パフォーマンスのチームを動機づけるために読む刺激的な指導者であると説明しています。

オンラインカジノ
4.5 rating
カジ旅(Casitabi Casino)は、日本で2015年にスタートしたオンラインカジノで運営会社はスウェーデン🇸🇪の Hero Gaming Ltdのブランドです。カジ旅の魅力はなんと言っても冒険的要素を含んだロールプレイング的ゲームとスロットの種類の多さ
ボーナス合計: 最大$540 + 100スピン
4.5 rating
レオベガス(Leo Vegas)は2012年にオープンしたヨーロッパでも大御所のオンラインカジノ サイト欧州のオンカジ プレイヤーなら誰しもが知っている超有名サイトで、レオベガスを筆頭にオンカジ ブームが起こったとも言われているほど。
ボーナス合計: 最大¥170,000 + 無条件60回スピン
4.8 rating
ベラジョンオンラインカジノは、日本国内で人気No.1のオンラインカジノ!スロットやテーブルゲームなどをオンラインで楽しめる時代が来ました! 今なら新規登録の方に入金不要ボーナス10ドルをプレゼント中
ボーナス合計: 最大$1,030