レッドタイガーがHero Gamingと提携してスウェーデン市場に進出

カジノヒーローズ、CasiTabi、ベッツァー、スピーディーカジノの各ブランドでコンテンツを展開予定

レッドタイガーゲーミングは、スウェーデンのギャンブル市場の再規制に資本を投下するために、コンテンツパートナーシップを通じてHero Gamingにコンテンツを供給します。

カジノゲーム開発会社は現在、Hero Gamingブランドの「Casino Heroes」、「CasiTabi」、「Betser」、「Speedy Casino」にコンテンツの一部を供給しています。

このオペレーターはマルタゲーミング局のライセンスを取得しており、スウェーデンのiGamingライセンスの申請者の中に含まれている可能性が高いです。

Hero GamingのCEOであるTomas Backman氏は次のように述べています。”レッドタイガーゲーミングの製品は業界で最も人気のある製品の一つであり、初めてプレイヤーに提供できることに非常に興奮しています。”

レッドタイガーの最高経営責任者ギャビン・ハミルトン氏は、再規制されたスウェーデン市場が1月1日に開始されることを考えると、新しい取引のタイミングは特に重要だと付け加えた。

“来年はスウェーデンで協力し、世界中の他の規制市場でカジノと長期的なパートナーシップを築くことを楽しみにしています。

レッドタイガーは世界中の様々な地域に顧客を持ち、すでにイギリス、マン島、デンマーク、イタリア、スペインでライセンスを取得している。先月には、アルダーニーとマルタでも新たなライセンスを取得しています。

1月の再スタートに先立ち、スウェーデンの国家規制当局であるLotteriinspektionenは、ギャンブル会社に多数のライセンスを発行しました。Svenska Spel、LeoVegas、Kindred GroupおよびBetssonは、最初のライセンス発行会社の一例です。

Global Gaming、VideoSlots、The Stars Group、Betway、MRG、Bethardもここ数週間でライセンスを取得しています。

先月、スウェーデンでは再規制の努力にもかかわらず、無免許のオペレーターが繁盛を続けていることが明らかになりました。ライセンスを持たない企業からの総ゲーミング収入は、2018年第1~3四半期に45億クローネ(3億9,500万ポンド/4億3,920万ユーロ/4億9,580万ドル)を記録し、前年同期比12.4%増となりました。

一方、ライセンス事業者からの収益は前年同期比2.4%減の122億クローネとなり、9ヶ月間の総収益は1.2%増の168億クローネとなりました。

オンラインカジノ
4.5 rating
カジ旅(Casitabi Casino)は、日本で2015年にスタートしたオンラインカジノで運営会社はスウェーデン🇸🇪の Hero Gaming Ltdのブランドです。カジ旅の魅力はなんと言っても冒険的要素を含んだロールプレイング的ゲームとスロットの種類の多さ
ボーナス合計: 最大$540 + 100スピン
4.5 rating
レオベガス(Leo Vegas)は2012年にオープンしたヨーロッパでも大御所のオンラインカジノ サイト欧州のオンカジ プレイヤーなら誰しもが知っている超有名サイトで、レオベガスを筆頭にオンカジ ブームが起こったとも言われているほど。
ボーナス合計: 最大¥170,000 + 無条件60回スピン
4.8 rating
ベラジョンオンラインカジノは、日本国内で人気No.1のオンラインカジノ!スロットやテーブルゲームなどをオンラインで楽しめる時代が来ました! 今なら新規登録の方に入金不要ボーナス10ドルをプレゼント中
ボーナス合計: 最大$1,030