水曜日, 11月 25, 2020
ホーム ゲーミング ワンシーンワンカットで描く...

ワンシーンワンカットで描く、 33の人生を語る映像詩。【『ホモ・サピエンスの涙』Penが選んだ、今月の観るべき1本】 | News | Pen Online

デザインだけでなく、 総合的にブランドをつくる。

奥山清行(おくやま・きよゆき)●工業デザイナー。1959年、山形県生まれ。GM、ポルシェを経てピニンファリーナへ。イタリア人以外で初めてフェラーリのデザインを手がける。2007年にKEN OKUYAMA DESIGN設立。

デザインだけでなく、 総合的にブランドをつくる。

奥山は2013年にヤンマー取締役に就任しコンセプト・トラクター「YT01」を東京モーターショーで発表。「YTシリーズ」は15年から販売を開始。16年度グッドデザイン賞金賞を受賞。

佐藤可士和(以下、佐藤) 初めて奥山さんとお話ししたのは、以前、僕がナビゲーターを務めていたテレビ番組。新幹線特集で、奥山さんにゲストでお越しいただきました。そこで「いつか一緒に仕事ができたら」なんて言っていたら、ヤンマーが創業100周年を機にブランディングプロジェクトを行うことになって。社外のクリエイターを迎えてチームをつくるということでご一緒できることに。

奥山清行(以下、奥山) 僕と可士和さんが似ているのは、デザインをトータルなビジネスとして捉え、モノや会社全体のストーリー、ブランドというものをチームでつくっていくところなんです。

デザインだけでなく、 総合的にブランドをつくる。

佐藤可士和(さとう・かしわ)●クリエイティブディレクター。1965年、東京都生まれ。博報堂から独立し2000年クリエイティブスタジオ「SAMURAI」設立。国内外問わずブランド戦略のトータルプロデューサーとして活躍中。

デザインだけでなく、 総合的にブランドをつくる。

2013年にスタートしたヤンマーのリブランディング・プロジェクトで、社名の由来になっているオニヤンマの羽をモチーフに佐藤がデザインした「フライングワイマーク」。

佐藤 僕が会社のアイデンティティをデザインして、奥山さんはコンセプト・トラクターをデザインされて。あのトラクターはインパクトありましたね。スーパーカーを見るようにワクワクしました。奥山さんがつくられるものはアイコニックで、コミュニケーション力が高いといつも思っています。ブランディングって、コミュニケーション活動全般ですから。

奥山 海外のデザイナーは、みんなそこから仕事に入っていきますね。コミュニケーションやストーリーをつくることは、デザイナーの重要な仕事。デザインって、ビジュアリゼーションのいちばん上流に位置しているから情報が集まりやすい。だから収益の上げ方やチームづくりなど、ビジネスプランやストラテジー全体を見ながら入っていくと、デザインがカタチにたどり着く前にやるべきことが山ほどある。

佐藤 僕と奥山さんに共通するのは、ビジネスや経営にガッツリ関わっていくというスタイル。もちろん最後はカタチが重要ですが、コミュニケーションのタッチポイントとなるものが必要で、ストーリーからつくるからこそ、素晴らしいものができると思います。

デザインだけでなく、 総合的にブランドをつくる。

1968年に発売されたダイバーズウォッチのデザインを正統進化させた、セイコー プロスペックス「LXライン」の「SBDB027」¥693,000(税込)

奥山 セイコーからプロスペックス「LXライン」の監修の話をいただいて、振り返ってみたら、最初に父親に買ってもらったのが「セイコー5」、祖父の形見もセイコー、バイトして自分で初めて買った時計も、現在は“タートル”と呼ばれているモデルの初期型ダイバー。人生の節目節目にセイコーの時計があったので、いつかお手伝いしたいとずっと思っていたんです。

佐藤 いまのお話を聞いて思い出しました! 高校生の頃サーフィンブームで、みんなセイコーのダイバーズをしていて。僕もバイトして買いましたよ、オレンジ文字盤のモデル。

デザインだけでなく、 総合的にブランドをつくる。

奥山がデザイン監修したセイコー プロスペックス「LXライン」の中で、佐藤がいちばん気に入ったモデルは、ブラックエディション「SBDB021」。¥693,000(税込)

奥山 僕も学生時代、週に2〜3回、平塚あたりで波に乗っていた(笑)。ダイビングは1990年頃に始めたんですが、当時アナログなダイバーズウォッチは必需品でした。減圧症にならないよう、深い場所から上がる前には水深5mで5分間、安全停止しないと命の危険さえある。それをダイバーズウォッチで計測していた。ダイブコンピューターができても、デジタルは突然止まることがあるので、左手にダイコン、右手に機械式ダイバーズウォッチを着けるのが常識化した。その時インストラクターたちが、みんなセイコーを着けていたんです。それほど信頼性が高かった。そういうストーリーを、意外とセイコーの人も知らない。腕時計はライフスタイルをそれとなく伝える装飾品でもありますが、胸がジーンとするような部分も含めてのストーリーづくりから入っていきました。



著者: ” — www.pen-online.jp

最も人気

「FFXIV」パッチ5.4「もうひとつの未来」の特...

パッチ5.4「もうひとつの未来」特設サ...

#MMORPG⚔️「FF14」#64 月下の華|P...

ゼノスさま復活の兆しあるものの、アシエンだった...

最近のコメント