女性がスロットゲームの配当金をめぐって提訴、他にも13人が同様の訴えを起こす

ペンシルバニア州の女性が、人気オンライン・スロットゲームのメーカーを訴えています。

ニュージャージー州アトランティックシティ — ペンシルバニア州の女性が、人気オンライン・スロット・ゲームのメーカーを訴え、製品の「バグ」のために10万ドルのジャックポットの支払いを不当に拒否されたと主張している。

ニュージャージー州の規制当局が金曜日に明らかにしたところによると、ペンシルバニア州ヤードリーのリサ・ピルーソ氏を含む14人のギャンブラーが、メーカーが言うところの実際の権利よりもはるかに多くの賞金を獲得したと言われたとして、同社に対して同じ訴えを起こした。

Piluso氏によると、ラスベガスに本社を置くAmerican Gaming Systems社は彼女に280ドルしか提示しなかったが、後に1000ドルにアップしたという。

カムデンの米国地方裁判所に木曜日に提出された訴訟で、Piluso氏は、彼女が2020年10月2日にニュージャージー州で携帯電話で遊んでいるときに当選したと言われたジャックポットに関連する消費者詐欺およびその他の不正な行為で同社を非難している。

“私は経験豊富なオンラインプレイヤーですが、10万ドルのジャックポットのスクリーンショットを作って見せた時にも、社長を含むAGSの関係者が支払うつもりはないと言った時にはショックを受けました。”と、彼女は弁護士のポール・ダマトを通じて発表した声明の中で述べています。

“彼らは、私が実際に獲得したのは300ドル程度だと言いましたが、その後、私たちは『いい人』だと言って1000ドルを提示してきました」とPiluso氏は述べています。”同じ状況にありながら、自分たちも「いい人」だと言われて、賞金の何分の一かで和解に同意したプレイヤーが他に何人いるでしょうか?”

AGSは金曜日のコメント要請に応じなかった。

彼女がプレイしていたCapital Gainsのゲームは、Caesars Interactive New Jerseyがホストするオンラインプラットフォーム上にあったが、Caesarsのカジノもそのオンライン支店も訴訟の被告として名指しされていない。Caesarsは直ちにコメントしなかった。

ニュージャージー州賭博執行部はこの問題を調査し、8月27日にPiluso氏に手紙を送り、AGSが「ゲーム内で問題/バグを発見した」ことを明らかにした。その問題とは、プレイヤーの画面から前のラウンドのボーナスシンボルを誤って消去しなかったことである。

ジェニファー・ルッソ-ベレス副検事総長は、「このエラーにより、利用者はボーナスラウンドの賞金が実際の賞金よりも高いと思い込んでいた」と書いています。

彼女は、州がAGSに対して規制措置を取ったと付け加えましたが、その措置が何であるかは述べませんでした。

AP通信からの要請を受けて、司法長官室は金曜日、ゲームが正しく機能していることを確認しなかったとして、AGSに1000ドルの罰金を科したことを明らかにした。AGS社が罰金を支払ったかどうか、あるいはこの問題を争っているかどうかは、すぐには判断できませんでした。AGS社に対する違反通知が送付された弁護士は、金曜日にコメントを求めるメッセージを返さなかった。

この違反通知は、ゲーミング執行部門のウェブサイトには掲載されていない。このウェブサイトには、ディレクターによって行われた執行措置の隔月のリストが掲載されている。

オンラインカジノ
4.5 rating
カジ旅(Casitabi Casino)は、日本で2015年にスタートしたオンラインカジノで運営会社はスウェーデン🇸🇪の Hero Gaming Ltdのブランドです。カジ旅の魅力はなんと言っても冒険的要素を含んだロールプレイング的ゲームとスロットの種類の多さ
ボーナス合計: 最大$540 + 100スピン
4.5 rating
レオベガス(Leo Vegas)は2012年にオープンしたヨーロッパでも大御所のオンラインカジノ サイト欧州のオンカジ プレイヤーなら誰しもが知っている超有名サイトで、レオベガスを筆頭にオンカジ ブームが起こったとも言われているほど。
ボーナス合計: 最大¥170,000 + 無条件60回スピン
4.8 rating
ベラジョンオンラインカジノは、日本国内で人気No.1のオンラインカジノ!スロットやテーブルゲームなどをオンラインで楽しめる時代が来ました! 今なら新規登録の方に入金不要ボーナス10ドルをプレゼント中
ボーナス合計: 最大$1,030