暗号通貨はどのように消費者の習慣を変えるのか – Retail Technology Innovation Hub

ここ数年、消費財の支払い方法に対する考え方が大きく変わってきています。

以前は、現金が主流でしたが、クレジットカードやデビットカードが急速に普及しました。人々は、移動中に商品を購入するための、よりスマートで手間のかからない方法を常に探しています。

そして今、新たに登場したのが「暗号通貨」です。私たちのサイトに掲載された最近のレポートによると、Eコマースはまだ成長していますが、多くの人が考えているような速度ではありません。

最初は嫌がられていたが、一般的な流通量が増えたことで、小売業者は暗号を受け入れ始めている。

例えばスターバックスでは、リワード会員が暗号を現金残高に変換できるようにしていますし、ホールフーズは支出アプリ「Spedn」との契約に合意し、顧客がビットコインやジェミニなどの暗号通貨を使って食料品を購入できるようにしています。ある世論調査では、アメリカ人の10人に3人が、暗号通貨がお金の未来だと考えているという結果も出ています。

ビットコインの状態について懸念が高まっているのかもしれません。ビットコインの価値は約5%も低迷しており、9月以来の低水準となっています。

シンガポールの暗号プラットフォームStack FundsのCOOであるMatthew Dibb氏は、ビットコインについての考えを聞かれ、次のように述べた。「インフレ懸念や利上げが投機家の頭の片隅にあるように見えるため、現在、すべての市場で幅広いリスクオフ感情が見られます。

“BTCの流動性は双方ともかなり薄くなっており、短期的には30年代半ばまで後退するリスクがある。”

とはいえ、クリプトは全般的に支持を集めており、これまでのネガティブな意味合いは急速に消えつつある。

観光業などの業界では、海外旅行の支払いに暗号通貨を使用することが大幅に増加する可能性があり、多くの人がオンラインバンキングを行うために暗号通貨を使用することを好む。

最近では、ビットコインなどの影響が他の分野にも浸透しています。例えば、オンラインカジノ業界では、ファンはNFT Megawaysスロットをプレイすることができ、ビットコインのロゴを含むお気に入りの暗号通貨のシンボルのいくつかを見ることができます。

このスロットは、賭け金なしのフリースピンを惜しみなく提供していることで知られるLeoVegasなど、評判の高いオンラインカジノでも提供されています。

物事の全体像として、暗号はすでに大きな影響を与えており、これからも続くでしょう。そのため、これまでの影響力、そしてこれからの影響力を無視することはできません。

暗号通貨が市場価値の面で今後もどのような影響を与えるかは不明です。しかし、彼らは針を動かしており、これはすべてのビジネスにとって非常にエキサイティングな時代です。

このように、今後も社会が大きな関心を持って見守っていく状況にある。

オンラインカジノ
4.5 rating
カジ旅(Casitabi Casino)は、日本で2015年にスタートしたオンラインカジノで運営会社はスウェーデン🇸🇪の Hero Gaming Ltdのブランドです。カジ旅の魅力はなんと言っても冒険的要素を含んだロールプレイング的ゲームとスロットの種類の多さ
ボーナス合計: 最大$540 + 100スピン
4.5 rating
レオベガス(Leo Vegas)は2012年にオープンしたヨーロッパでも大御所のオンラインカジノ サイト欧州のオンカジ プレイヤーなら誰しもが知っている超有名サイトで、レオベガスを筆頭にオンカジ ブームが起こったとも言われているほど。
ボーナス合計: 最大¥170,000 + 無条件60回スピン
4.8 rating
ベラジョンオンラインカジノは、日本国内で人気No.1のオンラインカジノ!スロットやテーブルゲームなどをオンラインで楽しめる時代が来ました! 今なら新規登録の方に入金不要ボーナス10ドルをプレゼント中
ボーナス合計: 最大$1,030