5月の再検証、オランダのギャンブル、William Hill、Green Jade、そしてユーロについて

多くの人にとって日常が戻ってきた1年が終わりに近づき、その先にあるものがだんだんと見えてきたとき、CasinoBeatsは再び、浮き沈みの激しい予想外の12ヶ月を振り返っています。

過去2年ほどの多くと同様に、パンデミックは2021年を通して重要なテーマであり続け、5月にはイングランドで規制が緩和され、成人向けゲームセンター、ビンゴホール、カジノが5月17日に再開されました。

デジタルイベントが続いたこの月には、CasinoBeats Slots Festivalが多くの人に楽しまれ、William Hill、Great Canadian Gaming、LeoVegas、Bragg Gamingなどのヘッドラインがニュースになりました。

今月の特集

4月1日に待望のライセンス窓口を開始したKanssspelautoriteitは、オランダの新しい規制対象であるオンラインギャンブル市場への参加を希望する28の個人事業者の申請を受理したことを明らかにした。

2021年10月1日から正式に開始されることになっており、業界では大きな期待が寄せられているが、KSAの議長であるRene Jansen氏は、「この法律の意図は、違法なプロバイダーから合法的に信頼できるプロバイダーにプレイヤーを誘導することにある」と強調した。

リモートギャンブル法がデジタルライセンス申請ポータルのデビューを経て施行されてから1ヶ月あまりが経過し、R Franco GroupのチーフコマーシャルオフィサーであるMario Benito氏、Gaming1のCOOであるSylvain Boniver氏、Relax GamingのチーフレギュラトリーオフィサーであるAlexia Smilovic Rønde氏は、多数の重要な問題を解剖しました。

ニュースを見る

5月、放送局は、60人以上のギャンブル被害者、国会議員、臨床医からなるグループにより、UEFA欧州サッカー選手権に基づくすべてのギャンブル広告を大会期間中停止するよう求められました。

この公開書簡は、Gambling with Lives慈善団体の一部であるThe Big Stepによって組織され、ITV、Channel 4、Channel 5、Sky Sports、BT Sport、TalkSport、Global Radio、Acast、Stakhanovに送られた。

また、イギリスのハイストリートおよびオンラインベッティングのオペレーターであるウィリアム・ヒルのイギリスおよびヨーロッパの残りの資産の入札競争が開始され、アポロ・グローバル・マネジメント、888、キンドレッド、ベットフレッドの4社が初期の候補として取り沙汰された。

LeoVegasは今月、Blue Guru Gamesの幕を下ろしました。このグループの新しいゲームスタジオは、今年の後半に最初のタイトルを展開することを目指しています。

別の場所では、ブラッグゲーミングは、30百万ドルの現金と株式によるSpin Gamesの取引について詳述しました。これは、米国での事業基盤を即座に確立し、同地域における同社の成長戦略の基盤を確立するのに役立つと述べています。

さらに、Great Canadian Gamingは、Apollo Global Managementの関連会社が運営するファンドの関連会社であるRaptor Acquisitionによる差し迫った買収の承認について詳述し、バージニア州リッチモンドのカジノ評価委員会は、One Casino + Resortを優先的なカジノゲーミングオペレーターとして前進させることを推奨しました。

おすすめ記事

ランドベースの閉鎖、オンラインの大幅な増加、小売のみのビジネスが取り残されているという業界の話題の中で、Green Jade GamesのCEOであるBen McDonagh氏は、この時期に雇用者が学んだことは何かを考えました。働きすぎや燃え尽き症候群に対処するためには何ができるのか?また、より効果的なコミュニケーションはどのように採用されたのでしょうか?

また、CasinoBeats 100 Clubでは、多くの人がモバイルに焦点を当てており、Glück GamesのCOOであるHelen Walton氏が、当時新たに導入されたpathwaysシリーズの2人目の参加者となるなど、ダブル代表となっています。

さらに、Rasmus Sojmarkが出演したDouble Espresso Showの特別版では、Yggdrasil GamingのCEOであるFredrik ElmqvistとSwinttのCCOであるDavid Mannの両者が、スロットが面白くなくなるとプレイヤーがブラックマーケットのオペレーターに移動する危険性を強調しました。

今月のビデオ

CasinoBeats編集部のCraig Daviesとの対談では、Groove Gamingの最高執行責任者であるYahale Meltzer氏が、市場のニーズやトラフィックの要求に応える必要性を強調し、Green Jade Gamesの会長であるJesper Kärrbrink氏が、予想外のものを提供し続けることがいかに重要であるかを詳しく説明しています。

Logrand EntertainmentのCOOであるLenin Castillo氏は、SBCのGlobal Relationships DirectorであるKelly Kehn氏と対談し、LatAmにおけるオンラインの成長と、この地域の大きな可能性について語りました。

オンラインカジノ
4.5 rating
カジ旅(Casitabi Casino)は、日本で2015年にスタートしたオンラインカジノで運営会社はスウェーデン🇸🇪の Hero Gaming Ltdのブランドです。カジ旅の魅力はなんと言っても冒険的要素を含んだロールプレイング的ゲームとスロットの種類の多さ
ボーナス合計: 最大$540 + 100スピン
4.5 rating
レオベガス(Leo Vegas)は2012年にオープンしたヨーロッパでも大御所のオンラインカジノ サイト欧州のオンカジ プレイヤーなら誰しもが知っている超有名サイトで、レオベガスを筆頭にオンカジ ブームが起こったとも言われているほど。
ボーナス合計: 最大¥170,000 + 無条件60回スピン
4.8 rating
ベラジョンオンラインカジノは、日本国内で人気No.1のオンラインカジノ!スロットやテーブルゲームなどをオンラインで楽しめる時代が来ました! 今なら新規登録の方に入金不要ボーナス10ドルをプレゼント中
ボーナス合計: 最大$1,030