Aggregator Groove、強力なスポーツブック技術でBetbyに賭ける –

読書時間。 4

フィンランドが人気の理由はいろいろあります。まず、世界で最も幸せな国であること。空気が最もきれいで、教育制度も充実しています。その他の魅力としては、トナカイ、何千もの湖、サンタクロース村などがあります。

表面的には、フィンランドはオンラインギャンブルの革命には理想的ではないように見えます。しかし、この国は時間をかけて大国に成長してきました。オンラインカジノのファンにとっても、オペレーターにとっても、チャンスに溢れています。ここでは、この地域が競争力を持つ理由をいくつかご紹介します。

1. 選択肢の豊富さ

フィンランドでは、ランドベースのカジノの数は限られています。これは問題のように思えるかもしれませんが、実際にはオンライン市場を活性化させています。フィンランドのランドベースのカジノはすべて、国有の独占企業の下で管理されています。そのため、運営会社の数も限られています。賭け事好きがオンラインカジノに目を向けるのは当然のことだ。

オンラインカジノの運営者は、厳しい規制を受けることはありません。そのため、フィンランド人プレイヤー向けのオンラインカジノの種類は格段に多くなっています。海外のオペレーターはフィンランドの市場を気に入り、喜んで投資しています。

経済は好調で、物理的に別の場所に拠点を置いているカジノであっても、政府は多くの制限を課していません。フィンランドを拠点とする多くの事業者がすでにフィンランドに進出しており、それゆえに地元プレイヤーの選択肢が増えています。

2. エートスの変化

フィンランド人は、自国でのオンラインカジノの増加に対して、いくつかの懸念を抱いていました。カジノ事業者が利益を上げる一方で、ギャンブル依存症の問題を懸念する声が多かったのです。そのような賭博者を保護するための規制措置が十分ではありませんでした。

しかし、現在では責任あるギャンブルを促進するための規制が行われています。これは常に問題となっていましたが、COVIDの閉鎖でより明らかになりました。この業界は成長を続けており、ベッティングファンとオンラインカジノプロバイダーとの関係を改善するための努力は明らかです。

3. 適応力のある市場

オンラインベッティングの利用者がデスクトップからモバイルデバイスへと移行していく中、フィンランドもそれに合わせて動いています。実際、フィンランドはこの点では常に先を行っています。昨年は、モバイルカジノのプレイ率が10%上昇しました。

フィンランドのベッターは、オンラインとオフラインの両方の市場に適応しています。政府はオンラインギャンブルに対してかなり寛容であり、国民は常に新しいことに挑戦することを楽しみにしています。

フィンランドは一般的に先進的であり、ほとんどの人が、個人が独立した選択をする自由があるという考えを支持しています。好きなように適応できる自由さが、市場の拡大につながっています。

4. 技術的な進歩

フィンランドは技術的に非常に進歩している。実際、技術面ではヨーロッパでも有数の国です。住民の5.5人以上が何らかの形でオンライン・ギャンブル活動を積極的に行っています。

その結果、この業界には毎年20億ユーロの収益がもたらされています。今のままでは、この金額はもっと増えるでしょうね。国営施設の利益はすべて、教育や環境研究など社会に役立つ事業に使われる。

プレイヤーは、オンライン・ベッティング業界の利益がどこに行くのかを知っているので、オンライン・カジノを試してみたくなるのです。

5. 多様なマーケット

フィンランドのオンライン・ギャンブル・サイトは、多様な市場にアピールしています。ポーカーゲームやビデオスロットは、長い間、プレイヤーにとって身近なものではありませんでした。しかし、今ではほとんどすべてのオンラインカジノで利用できるようになっています。

自由な規制、開放的な国民性、そして技術に精通した市場が、オンラインカジノがより広い市場をターゲットにすることを可能にしています。このような先進的な国であるフィンランドは、今後も成長を続けていくことが期待されています。

6. 積極的な働きかけ

フィンランド政府は、国民にオンラインカジノを積極的に勧めています。フィンランドは、「A Finn always wins」という有名なスラングで知られています。これは基本的に、たとえ負けたとしても、そのお金は社会に役立つプロジェクトに使われるという意味です。

これにより、フィンランド人は道徳的な義務のように感じられる賭けの文化を育んできました。職場やカフェ、お店、ガソリンスタンドなど、どこに行ってもスロットマシンがありますよね。これはヨーロッパの国々の中でも珍しいことです。

政府の関与は悪いことのように思われるかもしれませんが、産業の発展には諸刃の剣です。

7. ムービングオンライン

アメリカでは1996年に最初のオンラインカジノが開設されました。Play Among Friendsは2007年に業界に参入しました。ライセンス取得後、各事業者は信頼性の高いギャンブルやライブカジノのオプションを提供し始めた。

このように豊かな国であるフィンランドでは、モバイル技術が急速に普及しています。あらゆることがオンラインで行われており、人々はオンラインショッピング、オンライン学習を受け入れ、その結果、オンラインショッピングを行うようになった。最新のモバイル技術の所有率は増加しており、人々は今、モバイルゲームにシフトしている。

8. 外部への関心

国は、外国のサプライヤーがその国民の中でマーケティングを行うことを禁止しているが、国際的なネットワークやサイトへのアクセスは許可している。そのため、フィンランドのオンラインカジノ市場に興味を持つ外部の人も多い。

また、フィンランドには、自国民が海外のサイトでプレイすることを妨げる法律はありません。この国には個人の選択に対する深い文化があり、それが外部の投資家にとっては容易なことなのです。

9. この国のゲームへの愛

フィンランドは昔からゲームが大好きな国です。オンラインゲーム、特にスロットやテーブルゲームを昔から自然に愛してきた世界でも数少ない国のひとつです。例えば2019年には、国内最大の規制機関が1300万ユーロの収益を記録しています。

ギャンブル規制機関は、成人人口のほぼ50%がギャンブルに積極的に参加していると報告しています。これには海外のカジノに加入している人は含まれていません。

目の前の仕事

フィンランドはすでに例外的にうまくいっているとはいえ、今後も乗り越えなければならない課題があります。最大の課題は、国が利益と進歩を握ることを維持することです。競争力を維持するためには、国民のギャンブル習慣をサポートし続けなければなりません。

オンラインカジノのプロバイダーは、最新のトレンドやプロモーションを先取りしなければなりません。プレイヤーに、より良いボーナスやプロモーションを提供しなければならないのです。国内のプロバイダーは、国際的な大企業と競争しているので、ステップアップしなければなりません。競争に勝てなければ、収益は減少する。

政府が業界をほとんどコントロールしているので、革新を続けるためには余計な努力が必要になる。政府がこのシステムを変えようとしている兆候はありません。ただ、近隣の国には影響が出てくるのではないでしょうか。

オンラインカジノ
4.5 rating
カジ旅(Casitabi Casino)は、日本で2015年にスタートしたオンラインカジノで運営会社はスウェーデン🇸🇪の Hero Gaming Ltdのブランドです。カジ旅の魅力はなんと言っても冒険的要素を含んだロールプレイング的ゲームとスロットの種類の多さ
ボーナス合計: 最大$540 + 100スピン
4.5 rating
レオベガス(Leo Vegas)は2012年にオープンしたヨーロッパでも大御所のオンラインカジノ サイト欧州のオンカジ プレイヤーなら誰しもが知っている超有名サイトで、レオベガスを筆頭にオンカジ ブームが起こったとも言われているほど。
ボーナス合計: 最大¥170,000 + 無条件60回スピン
4.8 rating
ベラジョンオンラインカジノは、日本国内で人気No.1のオンラインカジノ!スロットやテーブルゲームなどをオンラインで楽しめる時代が来ました! 今なら新規登録の方に入金不要ボーナス10ドルをプレゼント中
ボーナス合計: 最大$1,030