[email protected]

英国王室ベイビーオッズ今が旬!

英国王室ベイビーオッズ今が旬! 現地メディアは、ウィリアム夫妻は本人らの希望で事前に第3子の性別を知らなかったと報じています。しかし今月始め、ウィリアム王子がイギリスのアストン・ヴィラFCの試合を観戦中、同チームのジャック・グリーリッシュがゴールを決めると「赤ちゃんの名前はジャックにしようと思います」と話してしまったことから、赤ちゃんは男の子では? と報じられていました。英国王室では現地時間の4月23日(月)13時にTwitterで第3子である赤ちゃんの誕生を発表してキャサリン妃は午前11時1分に無事男の子を出産しましたと発表。赤ちゃんの体重は8ポンド7オンス(3800グラム)です。エリザベス女王、フィリップ王配、チャールズ皇太子、カミラ夫人、ヘンリー王子を始め両家の人々も大変喜んでいる模様です。イギリスのキャサリン妃は出産からわずか7時間というスピード退院でウイリアム王子と共に母子ともに...[Read More]

ベラジョンで優勝賞金キャッシュ€1,000をもらおう!

ベラジョンのスピン大合戦で勝負しよう! ベラジョンとQuickspin社がお届けするスピン大合戦。その賞金プールは、なんとキャッシュ€5,000! スロット好きなら参加しなくちゃ後悔しますよ♪トーナメント期間中、下記の対象ゲームをキャッシュでプレイして、どんどんポイントを集めましょう。獲得したポイント数が多かった上位100名様の賞金キャッシュ総額€5,000の山分け進呈です。優勝すれば、キャッシュ€1,000があなたのものになっちゃいます! 参加方法は簡単です。2018年4月24日18時から29日18時までの間に、Joker StrikeまたはSakura Fortuneをキャッシュでプレイするだけ! 各ゲームで合計€1賭けるごとに1ポイントを獲得できます。(US$アカウントでのプレイは、その時点での為替レートが適用されます) スロットファンの名誉にかけて、トーナメントの上位入賞を目指して...[Read More]

21Bet・レビュー

21Bet 見参!! 近年話題のスポーツブックを兼ねたサイト。海外では大人気のスポーツベット、が人気上昇中!!カジノ21Betもしかるべく斬新なカジノサイトです。スポーツが少し苦手と言う方もこのサイトでは克服してくれるエンジョイできる楽しいカジノです。ボーナスに寛大なカジノサイトでサポートもしっかり対応!! ゲーム数も多く、人気のプロバイダーのソフト使用でお薦め!!2015年に英国でブックメーカーとしてスタートした21Bet若い伸びしろあるサイトなので可能性大です。日本語サイトは今月オープンしたての今後の期待大のスポーツ&カジノです。 ウェルカムボーナスの申請期限は現在ないので今のうちに登録して、段階的にプレイしても3回目までの入金ボーナスは保証されているので登録しないわけありませんよね!! 21Betのウェルカムオファー ① 初回入金すると、入金額と100%同額のボーナスゲット(最高$3...[Read More]

ハッピースターのレビュー

ハッピースターのレビュー お得なウェルカムボーナス ハッピースターのウェルカムボーナスは嬉しい200%ボーナスと太っ腹! ◎初回入金ボーナス 入金額の2倍額ボーナス(最高$300)ゲット +フリースピン100回 初回入金のフリースピンは初回入金ボーナス消化後にサポートへ一か月以内に要申請となります。 ◎ 2回目入金ボーナス 150%入金額の1.5倍額ボーナス(最高$300)ゲット ◎ 3回目入金ボーナス 100%入金額と同額ボーナス(最高$500)ゲット ウェルカムボーナスの引き出し条件 ◎ 初回入金→入金額+ボーナス額の25倍 ◎ 2回目入金→入金額+ボーナス額の20倍 ◎ 3回目入金→入金額+ボーナス額の18倍 注:キャンペーンにより引き出し条件が異なることとボーナスを介しての勝利金の出金限度額は一日につきマックス3000ドルとなるので 要注意です。 バラエティー豊富なゲーム数 ハッピ...[Read More]

ポーカースターズ レビュー

ポーカースターズ レビュー オンラインカジノ、ポーカースターズはポーカーをプレイしている人なら誰しも知っているというくらいの2001年に設立されたオンラインポーカーサイトの老舗です。PokerStars の本社はイギリス・マン島にあり、マン島のライセンスのもとで運営されており複数の地域でもライセンスを有しています。仮に運営会社が倒産した場合でもプレイヤーに100%の資金を補償するゲーミング法令が適用されており最も安心してプレイできるサイトです。 近年、急成長を来たして現在では業界トップの仲間入りを果たしました。世界各地のポーカートーナメント及びチャンピオンシップなど(ヨーロッパポーカーツアー、PokerStarsカリビアンアドベンチャー、ラテンアメリカンポーカーツアー、アジア太平洋ポーカーツアー)などプロデュースを手掛けている事でも有名です。 ポーカースターズのウェルカムボーナス ウェルカ...[Read More]

ビットカジノ・アイオー 

ビットカジノ・アイオー 総合評価 ビットカジノ・アイオー 登録 方法 それではまずビットカジノ・アイオーの公式ホームページへ進んで行きましょう するとこの画面に。ユーザーネーム、メールアドレス、生年月日、パスワードを設定し、【今すぐ登録】をクリックするだけ!意外と簡単操作! 今、話題のビットコイン。いよいよカジノ業界でもビットコインが参入してきましたよ!! こちらのビットカジノは、ビットコイン専用カジノで日本市場でも新登場と言えるでしょう。 ビットコインは大丈夫なの?って物議を醸し出していますが他のオンラインカジノとなんら変わりません、決済方法の手数料が意外と安い事が特徴です。 世界でも急成長のビットコイン。まだビットコインアカウントを持っていない方はこの機会にビットコインの新しい世界に踏み込んでみては如何でしょうか ボーナスのゲーム消化率 賭け条件を消化する際には、以下のゲームは禁止ゲー...[Read More]

北欧のオンラインカジノ

北欧のオンラインカジノ ヨーロッパのカジノではほぼ合法な国が多い中、北欧4か国(デンマーク、スウェーデン、フィンランド、ノルウェー)に関して言えば歴史的に社会風土や文化が類似的で、制度や政策の考え方も似かよっていると思われます。カジノ事情に関してもこれら北欧諸国は賭博規制も過去においてほぼ類似的な政策を採用してきました。この様に北欧諸国では、過去において文化的・社会的価値観を共有しつつ類似的な制度を設けてきましたが明らかに賭博関連法案は各国毎に微妙に政策の在り方が変わりつつ温度差がある様に思われます。しかしオンラインカジノは北欧でも盛んな状況で日進月歩を繰り広げています。オンラインカジノで大きくあててヨーロッパに旅行に行きましょう! ① 賭博行為は原則国による独占により国民に提供すること。 ② これに伴い賭博の収益は公共目的の為に使用されて国が独占することという考え方であること。 この理念...[Read More]

世界の勝ち組のビリオネア

世界の勝ち組のビリオネア 総合データは番付に初登場したビリオネアの数は、昨年の195人から259人に増加しました。最も新参者で多く輩出した国は中国出身(89人)で、以下は米国(45人)、インド(18人)、ドイツ(13人)が続きました。今年のニューフェースには史上初今、話題の仮想通貨リップル共同創業者のクリス・ラーセンやイーサリアム共同創始者のジョセフ・ルービンが含まれています。上位国・地域別のビリオネア数に関していえば米国の585人、中華圏(中国本土、香港、マカオ、台湾)の476人、ドイツの123人、インドの119人、ロシアの102人となりました。そのうち日本からは35人が入っていて日本人上位10人は以下の通りです。ビリオネアになるには、オンラインカジノで大きく当てましょう!おすすめはラッキーニッキーです。 2015年の日本の富裕層人口は約212万人であることが明らかになったそうですが各種...[Read More]

ギャンブル必勝法

ギャンブル必勝法 オンラインカジノをする際に重要なポイントとしては攻略法や勝ち負けにこだわるチャレンジ精神を兼ね備えていなければならないのは周知のとおりですがもう一つ考慮しなければならない事は日常の質の高い睡眠を得ることです。ギャンブルするにもこの質の高い睡眠が必須条件と言えます。質の悪い睡眠状態ではギャンブルをしていても頭が冴えなく勝ちにいきません。ですから質の高い睡眠を毎日ゲットすることが何事も有利に運びます。それでは「質が高い睡眠」とは、一体どういう事でしょうか?それは眠り始めの90分で深く眠ることを言います。 それによって睡眠リズムが整い、自律神経やホルモンの働きも良くなり、翌日のパフォーマンスも上がると言えるでしょう。眠りに落ちてから最初の90分間が、睡眠全体の中でもっとも深い眠りとなります。この深い眠りにスムーズに入るためには2つのポイントに注視して下さい。  睡眠時には体温の...[Read More]

マネーの雑学 その2

マネーの雑学 その2 お金について考えたことはありますか?誰もがお金がないと生活ができませんね、今の時代。そもそもお金はどこで製造されているのでしょうか??硬貨は造幣局、紙幣は国立印刷局が製造しています。お金の製造=造幣局と思いがちですが硬貨を製造しているところが造幣局で紙幣の製造は国立印刷局となっています。現在、両局ともに法律に基づき独立行政法人化され、造幣局は硬貨、国立印刷局は紙幣の製造を担っています。造幣局では1円、5円、10円、50円、100円、500円の6種類の通常硬貨を作っているのは勿論のこと勲章や褒章の製造、貴金属、製品、地金の貴金属工芸品の製造なども行っています。造幣局では硬貨を作るためは、溶解~熱間圧延・冷間圧延~圧穿・圧縁・圧印・検査~計数・袋詰め の6つの工程をとっています。余談ですが五円玉の穴の周りに、ギザギザした模様がついているのはいったい何を表しているのかご存知...[Read More]

さらに熱くなるカジノデッドヒート

さらに熱くなるカジノデッドヒート カジノの入場料金に関しても当初の政府案の1回当たり2000円からの引き上げを容認したものの、モデルとなるシンガポールとわが国の1人当たり国内総生産(GDP)の格差などにも配意されるべきだとして、大幅な引き上げをけん制した模様です。カジノの面積制限についても、最大1万5000平方メートルに規制する政府案の緩和を要求しました。カジノを運営する事業者に課す納付金(カジノ税)の水準については、政府案で示したカジノ収入の30%という水準は高すぎるのではないのかとの見方も出てきています。いろいろ各党の思惑が入り乱れている状況の中、自民党のIR実施法案の重要論点に関する意見集約で、最大の焦点となる認定区域数の上限(法定事項)について、「少なくとも4、5カ所にすべき」と明記したと報じました。その一方での公明党案はギャンブル依存症対策に重点を置いており、与党内の温度差が改め...[Read More]

お金の雑学 

お金の雑学 オンラインカジノするにもお金の呪縛から解き放たれず永遠の課題ではあります。そもそも日本はいつから「円」になったのかというと江戸時代では両(りょう)分(ぶ)朱(しゅ)をはじめとする金貨・銀貨が使われていました。しかし実は円の名前の由来は定かではない模様です。諸説ありますが有力なのは次の3つあるようです。明治時代においては開国とともに多くの海外文化が流入しました。その中でもアメリカの国立銀行法「National Bank Act」がありました。この「Bank」を訳する際に当時の福沢諭吉などの学識者達が議論を重ねて「金舗」「金司」などの案を経てその結果、「金と銀を扱う店と言う事で金行か銀行にしてはどうか」と「金行より銀行の方が発音しやすい」と言う事もあり「銀行」に決定した様です。銀行の「行」はどこから来たかと言うと単純に中国語でこうと言う文字は「店」と言う意味があると言う事でそのまま...[Read More]

Lost Password