[email protected]

ポーカースターズ レビュー

ポーカースターズ レビュー オンラインカジノ、ポーカースターズはポーカーをプレイしている人なら誰しも知っているというくらいの2001年に設立されたオンラインポーカーサイトの老舗です。PokerStars の本社はイギリス・マン島にあり、マン島のライセンスのもとで運営されており複数の地域でもライセンスを有しています。仮に運営会社が倒産した場合でもプレイヤーに100%の資金を補償するゲーミング法令が適用されており最も安心してプレイできるサイトです。 近年、急成長を来たして現在では業界トップの仲間入りを果たしました。世界各地のポーカートーナメント及びチャンピオンシップなど(ヨーロッパポーカーツアー、PokerStarsカリビアンアドベンチャー、ラテンアメリカンポーカーツアー、アジア太平洋ポーカーツアー)などプロデュースを手掛けている事でも有名です。 ポーカースターズのウェルカムボーナス ウェルカ...[Read More]

ビットカジノ・アイオー 

ビットカジノ・アイオー 総合評価 ビットカジノ・アイオー 登録 方法 それではまずビットカジノ・アイオーの公式ホームページへ進んで行きましょう するとこの画面に。ユーザーネーム、メールアドレス、生年月日、パスワードを設定し、【今すぐ登録】をクリックするだけ!意外と簡単操作! 今、話題のビットコイン。いよいよカジノ業界でもビットコインが参入してきましたよ!! こちらのビットカジノは、ビットコイン専用カジノで日本市場でも新登場と言えるでしょう。 ビットコインは大丈夫なの?って物議を醸し出していますが他のオンラインカジノとなんら変わりません、決済方法の手数料が意外と安い事が特徴です。 世界でも急成長のビットコイン。まだビットコインアカウントを持っていない方はこの機会にビットコインの新しい世界に踏み込んでみては如何でしょうか ボーナスのゲーム消化率 賭け条件を消化する際には、以下のゲームは禁止ゲー...[Read More]

北欧のオンラインカジノ

北欧のオンラインカジノ ヨーロッパのカジノではほぼ合法な国が多い中、北欧4か国(デンマーク、スウェーデン、フィンランド、ノルウェー)に関して言えば歴史的に社会風土や文化が類似的で、制度や政策の考え方も似かよっていると思われます。カジノ事情に関してもこれら北欧諸国は賭博規制も過去においてほぼ類似的な政策を採用してきました。この様に北欧諸国では、過去において文化的・社会的価値観を共有しつつ類似的な制度を設けてきましたが明らかに賭博関連法案は各国毎に微妙に政策の在り方が変わりつつ温度差がある様に思われます。しかしオンラインカジノは北欧でも盛んな状況で日進月歩を繰り広げています。オンラインカジノで大きくあててヨーロッパに旅行に行きましょう! ① 賭博行為は原則国による独占により国民に提供すること。 ② これに伴い賭博の収益は公共目的の為に使用されて国が独占することという考え方であること。 この理念...[Read More]

世界の勝ち組のビリオネア

世界の勝ち組のビリオネア 総合データは番付に初登場したビリオネアの数は、昨年の195人から259人に増加しました。最も新参者で多く輩出した国は中国出身(89人)で、以下は米国(45人)、インド(18人)、ドイツ(13人)が続きました。今年のニューフェースには史上初今、話題の仮想通貨リップル共同創業者のクリス・ラーセンやイーサリアム共同創始者のジョセフ・ルービンが含まれています。上位国・地域別のビリオネア数に関していえば米国の585人、中華圏(中国本土、香港、マカオ、台湾)の476人、ドイツの123人、インドの119人、ロシアの102人となりました。そのうち日本からは35人が入っていて日本人上位10人は以下の通りです。ビリオネアになるには、オンラインカジノで大きく当てましょう!おすすめはラッキーニッキーです。 2015年の日本の富裕層人口は約212万人であることが明らかになったそうですが各種...[Read More]

ギャンブル必勝法

ギャンブル必勝法 オンラインカジノをする際に重要なポイントとしては攻略法や勝ち負けにこだわるチャレンジ精神を兼ね備えていなければならないのは周知のとおりですがもう一つ考慮しなければならない事は日常の質の高い睡眠を得ることです。ギャンブルするにもこの質の高い睡眠が必須条件と言えます。質の悪い睡眠状態ではギャンブルをしていても頭が冴えなく勝ちにいきません。ですから質の高い睡眠を毎日ゲットすることが何事も有利に運びます。それでは「質が高い睡眠」とは、一体どういう事でしょうか?それは眠り始めの90分で深く眠ることを言います。 それによって睡眠リズムが整い、自律神経やホルモンの働きも良くなり、翌日のパフォーマンスも上がると言えるでしょう。眠りに落ちてから最初の90分間が、睡眠全体の中でもっとも深い眠りとなります。この深い眠りにスムーズに入るためには2つのポイントに注視して下さい。  睡眠時には体温の...[Read More]

マネーの雑学 その2

マネーの雑学 その2 お金について考えたことはありますか?誰もがお金がないと生活ができませんね、今の時代。そもそもお金はどこで製造されているのでしょうか??硬貨は造幣局、紙幣は国立印刷局が製造しています。お金の製造=造幣局と思いがちですが硬貨を製造しているところが造幣局で紙幣の製造は国立印刷局となっています。現在、両局ともに法律に基づき独立行政法人化され、造幣局は硬貨、国立印刷局は紙幣の製造を担っています。造幣局では1円、5円、10円、50円、100円、500円の6種類の通常硬貨を作っているのは勿論のこと勲章や褒章の製造、貴金属、製品、地金の貴金属工芸品の製造なども行っています。造幣局では硬貨を作るためは、溶解~熱間圧延・冷間圧延~圧穿・圧縁・圧印・検査~計数・袋詰め の6つの工程をとっています。余談ですが五円玉の穴の周りに、ギザギザした模様がついているのはいったい何を表しているのかご存知...[Read More]

さらに熱くなるカジノデッドヒート

さらに熱くなるカジノデッドヒート カジノの入場料金に関しても当初の政府案の1回当たり2000円からの引き上げを容認したものの、モデルとなるシンガポールとわが国の1人当たり国内総生産(GDP)の格差などにも配意されるべきだとして、大幅な引き上げをけん制した模様です。カジノの面積制限についても、最大1万5000平方メートルに規制する政府案の緩和を要求しました。カジノを運営する事業者に課す納付金(カジノ税)の水準については、政府案で示したカジノ収入の30%という水準は高すぎるのではないのかとの見方も出てきています。いろいろ各党の思惑が入り乱れている状況の中、自民党のIR実施法案の重要論点に関する意見集約で、最大の焦点となる認定区域数の上限(法定事項)について、「少なくとも4、5カ所にすべき」と明記したと報じました。その一方での公明党案はギャンブル依存症対策に重点を置いており、与党内の温度差が改め...[Read More]

お金の雑学 

お金の雑学 オンラインカジノするにもお金の呪縛から解き放たれず永遠の課題ではあります。そもそも日本はいつから「円」になったのかというと江戸時代では両(りょう)分(ぶ)朱(しゅ)をはじめとする金貨・銀貨が使われていました。しかし実は円の名前の由来は定かではない模様です。諸説ありますが有力なのは次の3つあるようです。明治時代においては開国とともに多くの海外文化が流入しました。その中でもアメリカの国立銀行法「National Bank Act」がありました。この「Bank」を訳する際に当時の福沢諭吉などの学識者達が議論を重ねて「金舗」「金司」などの案を経てその結果、「金と銀を扱う店と言う事で金行か銀行にしてはどうか」と「金行より銀行の方が発音しやすい」と言う事もあり「銀行」に決定した様です。銀行の「行」はどこから来たかと言うと単純に中国語でこうと言う文字は「店」と言う意味があると言う事でそのまま...[Read More]

The Casino・ボルボとトヨタ

The Casino・ボルボとトヨタ カジノを舞台とする車に纏わるお話。カジノではよく007に登場するようなスポーツカーをイメージしますがユニークなところでは今、広告界を代表する作品でVOLVOのトラックの新しいCMで「The Casino」が登場しました。地中海に面するリゾート地でイタリア・リビエラの高級カジノが舞台となっておりバレーパーキングの新しい駐車係員として出勤してきた若い男性が、制服に着替え仕事につくシーンで次々にホテルのエントランスに横付けにされる、見るからに高級そうな車のキーをドライバーから受け取り、緊張した面持ちで駐車場まで移動させる係員の様子。そして次にやって来たのは、何と巨大なボルボ・トラックという想定外のシーンです。しかしこれはドッキリで実は、高級車から降り立つゲストも周囲をうろつくパパラッチも、全て仕込まれたもので初出勤の駐車係員の男性だけが本物で、トラックを前に...[Read More]

サファリ・カジノ

サファリカジノ カジノ好きの皆様!!!!カジノと聞けばラスベガスや香港、マカオ、シンガポールなどを思い浮かべる人が多い中、あまり知られていないアフリカのカジノ事情です。ケニアではナイロビに中心部にカジノが4箇所あります。ジョーカーワイルドカジノ、シティカジノではブラックジャックプレイ可能。規模も大きく綺麗どころではインターコンチネンタルホテルがお薦め。タンザニアではダルエスサラムに3箇所にカジノがあり東アジア最大級のプレミアムカジノがあります。どこも喫煙可能でドリンク(アルコールを含む)、タバコ、フードが無料となっています。ニューアフリカンホテル&カジノではテーブルゲームは夕方5時からオープンとなっています。ザンビアではルサカに数件カジノが点在しています。経営者が中国企業で客もほとんど中国人の顧客で賑わっています。ビール、タバコは無料で喫煙可能といったところでしょうか。モザンビークのカジノ...[Read More]

カジノ経営学を学ぼう

カジノ経営学とは?? アメリカのネバダ州にあるネバダ大学ラスベガス校では、カジノ経営学などと日本には存在しえない学部があり、ホテル経営も体系的に学べるようになっており、毎年のビジネスパーソンを輩出している大学です。日本人にとっては実態が掴めなく謎めいているカジノ業界、しかしこれは欧米では合法的で、現在は緻密な経営学に基づいたビジネスの場だと言う事を私たち日本人は認識しなければならないのです。 この大学では近年、ホテル学部が日本人留学生に人気で、200人以上が在学しているようです。ビジネス学部、音楽学部、運動医学たるもの学部にも日本人留学生も少人数ながら在学しているようですこの大学のホテル学部の卒業率は非常に低いと言われています。これはラスベガス特有の理由からで大学からはラスベガスストリップに車で10分という位置にあり、ホテル・カジノ経営学を学ぶには非常に良い立地条件と共に同時に、仕事もすぐ...[Read More]

ラッキーセブンってどこからきたの?

ラッキーセブンって?? ギャンブルにおいてラッキーセブンが吉とされている理由を考えた事があるでしょうか?スロットマシンに7,7,7と並列する意味合いを何気なくスルーしていないでしょうか? 7と言う数字が幸運であるという事は諸説あるようですが、現在使われているラッキーセブンはかなり最近になってからの後付けの説のように思われます。そもそも7と言う数字が幸運という定義は英語圏を中心とする西洋思想からきているようです。後付けで野球が起源とも言われておりアメリカの野球の試合に置いて、7回目の攻撃で打った球が強風でホームランになったことに由来とされています。余談ですが七が三つ合体した「㐂」という漢字があります。一般的に七という漢数字だと、七夕、七福神、七五三、などありますが あまり見かけない㐂という漢字、変換の仕方や読み方は喜という漢字の草書体に基づく俗字であり、喜と同じ意味であるそうです。七十七歳に...[Read More]

Lost Password