カジノニュース

世界の勝ち組のビリオネア

世界の勝ち組のビリオネア 総合データは番付に初登場したビリオネアの数は、昨年の195人から259人に増加しました。最も新参者で多く輩出した国は中国出身(89人)で、以下は米国(45人)、インド(18人)、ドイツ(13人)が続きました。今年のニューフェースには史上初今、話題の仮想通貨リップル共同創業者のクリス・ラーセンやイーサリアム共同創始者のジョセフ・ルービンが含まれています。上位国・地域別のビリオネア数に関していえば米国の585人、中華圏(中国本土、香港、マカオ、台湾)の476人、ドイツの123人、インドの119人、ロシアの102人となりました。そのうち日本からは35人が入っていて日本人上位10人は以下の通りです。ビリオネアになるには、オンラインカジノで大きく当てましょう!おすすめはラッキーニッキーです。 2015年の日本の富裕層人口は約212万人であることが明らかになったそうですが各種...[Read More]

ギャンブル必勝法

ギャンブル必勝法 オンラインカジノをする際に重要なポイントとしては攻略法や勝ち負けにこだわるチャレンジ精神を兼ね備えていなければならないのは周知のとおりですがもう一つ考慮しなければならない事は日常の質の高い睡眠を得ることです。ギャンブルするにもこの質の高い睡眠が必須条件と言えます。質の悪い睡眠状態ではギャンブルをしていても頭が冴えなく勝ちにいきません。ですから質の高い睡眠を毎日ゲットすることが何事も有利に運びます。それでは「質が高い睡眠」とは、一体どういう事でしょうか?それは眠り始めの90分で深く眠ることを言います。 それによって睡眠リズムが整い、自律神経やホルモンの働きも良くなり、翌日のパフォーマンスも上がると言えるでしょう。眠りに落ちてから最初の90分間が、睡眠全体の中でもっとも深い眠りとなります。この深い眠りにスムーズに入るためには2つのポイントに注視して下さい。  睡眠時には体温の...[Read More]

マネーの雑学 その2

マネーの雑学 その2 お金について考えたことはありますか?誰もがお金がないと生活ができませんね、今の時代。そもそもお金はどこで製造されているのでしょうか??硬貨は造幣局、紙幣は国立印刷局が製造しています。お金の製造=造幣局と思いがちですが硬貨を製造しているところが造幣局で紙幣の製造は国立印刷局となっています。現在、両局ともに法律に基づき独立行政法人化され、造幣局は硬貨、国立印刷局は紙幣の製造を担っています。造幣局では1円、5円、10円、50円、100円、500円の6種類の通常硬貨を作っているのは勿論のこと勲章や褒章の製造、貴金属、製品、地金の貴金属工芸品の製造なども行っています。造幣局では硬貨を作るためは、溶解~熱間圧延・冷間圧延~圧穿・圧縁・圧印・検査~計数・袋詰め の6つの工程をとっています。余談ですが五円玉の穴の周りに、ギザギザした模様がついているのはいったい何を表しているのかご存知...[Read More]

さらに熱くなるカジノデッドヒート

さらに熱くなるカジノデッドヒート カジノの入場料金に関しても当初の政府案の1回当たり2000円からの引き上げを容認したものの、モデルとなるシンガポールとわが国の1人当たり国内総生産(GDP)の格差などにも配意されるべきだとして、大幅な引き上げをけん制した模様です。カジノの面積制限についても、最大1万5000平方メートルに規制する政府案の緩和を要求しました。カジノを運営する事業者に課す納付金(カジノ税)の水準については、政府案で示したカジノ収入の30%という水準は高すぎるのではないのかとの見方も出てきています。いろいろ各党の思惑が入り乱れている状況の中、自民党のIR実施法案の重要論点に関する意見集約で、最大の焦点となる認定区域数の上限(法定事項)について、「少なくとも4、5カ所にすべき」と明記したと報じました。その一方での公明党案はギャンブル依存症対策に重点を置いており、与党内の温度差が改め...[Read More]

お金の雑学 

お金の雑学 オンラインカジノするにもお金の呪縛から解き放たれず永遠の課題ではあります。そもそも日本はいつから「円」になったのかというと江戸時代では両(りょう)分(ぶ)朱(しゅ)をはじめとする金貨・銀貨が使われていました。しかし実は円の名前の由来は定かではない模様です。諸説ありますが有力なのは次の3つあるようです。明治時代においては開国とともに多くの海外文化が流入しました。その中でもアメリカの国立銀行法「National Bank Act」がありました。この「Bank」を訳する際に当時の福沢諭吉などの学識者達が議論を重ねて「金舗」「金司」などの案を経てその結果、「金と銀を扱う店と言う事で金行か銀行にしてはどうか」と「金行より銀行の方が発音しやすい」と言う事もあり「銀行」に決定した様です。銀行の「行」はどこから来たかと言うと単純に中国語でこうと言う文字は「店」と言う意味があると言う事でそのまま...[Read More]

Lost Password