欧州におけるブックメーカー

sports-betting

欧州におけるブックメーカー

 

欧米においてよく耳にするブックメーカー一体何をしている組織なのか気になるので調べてみました.ブックメーカーはイギリスの発祥の賭けの主催者会社の総称で世界中に数千社がそんざいしているといわれています。簡単に言うと世の中にあるあらゆる出来事を賭けの対象として主催している会社です。主な物は競馬を初めとしてサッカーや野球、バスケットボールなどプロのスポーツから大学スポーツまで幅広く賭けの対象となっています。最近では政治に関わる賭けや天気の予想までもが賭けの対象となっているので興味深いですよね。

ブックメーカーは1790年代にイギリスの競馬場で発祥されたと賭けの胴元と言われ1960年にはイギリス政府公認となりました。現在は欧州各地に設立され市場規模はイギリスだけでも5000億円と言われています。ユーザー数は欧州だけでも100万人ともいわれてメジャーな存在となっている現状です。

sportsbetting

ブックメーカーの会社はそれぞれの国で認可されて法律的には問題がないです。日本国内でギャンブルをする事は違法ですが海外で行われているギャンブルに日本人が参加する事を規制する法律はありませんよね。具体的な例として競馬のあるレースについて出馬が予想される馬にブックメーカーの予想担当者が倍率(オッズ)をつけてこの倍率の付け方こそがブックメーカーの手腕が問われると言われています。事前に配当率(オッズ)を提示して参加者を募り賭けを行いそのオッズ差で生じる掛け金の一部を手数料として受け取ります。

ブックメーカーの醍醐味は世界のビッグイベント例えば、オリンピッツクやワールドカップ、テニスの世界大会、プロ野球、格闘技に至るまで賭ける事ができるのと、選挙では次の大統領は誰だとか、次のキングは誰だとかワールドワイドに楽しむ事ができます。

知識人は投資としてもブックメーカーを利用したり例えば次はどちらのスポーツチームが勝つかの勝敗を予想して賭ける人がブックメーカーに参加する人も増えてきています。

これをベットするといいスポーツベッティングともいいます。実際にいろいろなスポーツに賭けて観戦すると一味違った観戦になりますね。ブックメーカーを利用すると有名スポーツ競技だけでなく世界中のあらゆる出来事対しの対して結果を予想して賭けて当たれば賞金を受け取る事が出来る楽しみが倍増しますよね。1961年にはイギリス国内で合法と認可されてから最盛期ブックメーカー業者が15000店以上の店営業されていましたが現在ではインターネットの普及に伴い9000店舗前後と言われています。

ブックメーカー登録方法

登録方法は至って簡単ですが英語の登録方法が殆どなので言語の壁を乗り越えれば

一度覚えるとパターン化されているのでさほど難しくないと思います。

又、日本語で登録、入金、出金、使い方を解説しているサイトもあるので必見ですよね。

 

ユーザーネーム

パスワード

性別

名前を入力

Eメールアドレスを入力

電話番号

住所を記入

誕生日記入

 

等など項目に入力

 

 

Lost Password