Google、Facebook、Appleがソーシャルカジノ訴訟に直面

フェイスブック、アップル、グーグルの3社は、ソーシャル・カジノ・ゲームの開催とプロモーションに関して、カリフォルニア州で共同集団訴訟の対象となっています。 [Image: Shutterstock.com]

違法なギャンブル疑惑

グーグル、フェイスブック、アップルの3社は、ソーシャルカジノゲームに関わる「違法なギャンブルの共謀」に加わっていたとする集団訴訟の被告となっている。訴状は、月曜日にカリフォルニア州北部地区の米国地方裁判所に提出されました。

3つの別々の訴状が1つの訴訟に合併され、原告は25人となっています。訴状には階層があり、当初はFacebookが焦点となっていたようです。Facebookに対する最初の提訴は4月に行われました。

訴訟の主な焦点は、無料でプレイできるカジノゲームに関するものです。

この訴訟の主な焦点は、カリフォルニア州では合法ではないとされている、無料でプレイできるカジノゲームに関するものです。その意味するところは、テックジャイアント3社が「ソーシャルカジノ企業」を構成し、カリフォルニア州民がソーシャルカジノアプリでスロットゲームをプレイするように誘導する目的で、スロット開発者と「危険なパートナーシップ」を結んだということです。

訴状には、この種のギャンブルの提供によって原告が経済的損失を被った様々な例が記載されています。訴状では、3社が国家間の商取引に影響を与え、また、国家間の商業活動に損害を与えたと主張しています。この訴訟の目的は、3社がソーシャルカジノゲームを提供することを禁止するとともに、これらの事業から得た利益を返還させることです。また、集団訴訟による救済も求めています。

非常に有利なオファー

この訴訟では、ソーシャル・カジノ・ゲームの提供者が、視聴者へのリーチ、ゲームのホスト、決済処理のために、Google、Apple、Facebookなどの企業に依存していることを概説しています。その代わりに、DoubleDown Interactiveのようなソーシャルカジノゲーム開発者は、これらのプラットフォーム上で「利益重視の中毒性の高い」アプリを作成することで、有利な収入源を得ることができると訴えています。

ソーシャルカジノゲームは通常、無料でプレイできますが、プレイヤーはリアルマネーで追加の仮想チップを購入することができます。これらの仮想チップは、実際のお金として引き出すことはできない。

この訴訟では、フェイスブックがこれらのゲームのホストとなり、人々にこれらのゲームをプレイするように指示し、銀行としての役割を果たすことで、30%の金銭的利益を得ていると主張しています。また、この訴訟では、Facebook社がこれらの違法なギャンブルの主な推進者であると主張しています。

訴状によると、DoubleDown Casinoは今年、約4億ドルの仮想通貨を消費者に販売すると主張しています。約2億4,000万ドルはDoubleDown Interactiveに、4,000万ドルはスロットマシンのIPをDoubleDownにライセンスしたIGTに、残りの1億2,000万ドルはFacebookなどのアプリのホストに支払われるという。訴状では、このソーシャルカジノ事業は、ゆすりの一種と考えられるとまで主張しています。それは次のように述べています。「違法なスロットのほとんどまたはすべてが、ソーシャルカジノ企業の他のプラットフォームメンバーによってホストされ、宣伝されています。アップルとグーグルです。”

最初の苦情ではありません

この訴訟では、ソーシャルカジノゲームのサプライヤーであるBig Fish Gamesが関与した2018年にワシントン州で起きた訴訟の判例を引用しています。米国第9巡回区控訴裁判所は、これらのソーシャルカジノゲームの一部として使用されている仮想通貨は、州法に従った「価値のあるもの」であり、その結果、仮想通貨は現実の通貨と同等であると判断しました。したがって、この種のカジノゲームは違法なギャンブルであると判断されました。Big Fish社は1億5500万ドルで和解しました。

近年、ソーシャルカジノアプリに関しては、他にも多数の訴訟が米国内で起こされている。これらの訴訟では、グーグルやアップルなどのハイテク企業が被告として名を連ねていることが多い。これらの訴訟では、ソーシャル・カジノ・ゲームは、実際の賞金を提供しないことで、州のギャンブル法を回避しようとしているが、それでも違法なギャンブルとみなされるべきだと主張しています。

2020年、プレイヤーは約60億ドル相当の仮想チップを購入しました。

ソーシャルカジノゲームはテックジャイアンツのビッグビジネス。2020年、プレイヤーは約60億ドル相当のバーチャルチップを購入した。フェイスブックのプラットフォームでの売上高上位12個のアプリのうち9個がソーシャルカジノだった。今週カリフォルニア州で提出された累積集団訴訟は、これらのアプリがなぜこれほど儲かるのかについて、”伝統的なスロットマシンの中毒性のある側面と、ビッグデータとソーシャルネットワークの圧力を活用して、予測行動を起こしやすい消費者を特定し、ターゲットにし、利用するプラットフォームの力 “を混ぜ合わせていることが原因だと述べています。

オンラインカジノ
4.5 rating
カジ旅(Casitabi Casino)は、日本で2015年にスタートしたオンラインカジノで運営会社はスウェーデン🇸🇪の Hero Gaming Ltdのブランドです。カジ旅の魅力はなんと言っても冒険的要素を含んだロールプレイング的ゲームとスロットの種類の多さ
ボーナス合計: 最大$540 + 100スピン
4.5 rating
レオベガス(Leo Vegas)は2012年にオープンしたヨーロッパでも大御所のオンラインカジノ サイト欧州のオンカジ プレイヤーなら誰しもが知っている超有名サイトで、レオベガスを筆頭にオンカジ ブームが起こったとも言われているほど。
ボーナス合計: 最大¥170,000 + 無条件60回スピン
4.8 rating
ベラジョンオンラインカジノは、日本国内で人気No.1のオンラインカジノ!スロットやテーブルゲームなどをオンラインで楽しめる時代が来ました! 今なら新規登録の方に入金不要ボーナス10ドルをプレゼント中
ボーナス合計: 最大$1,030