土曜日, 11月 28, 2020
ホーム ゲーム業界ニュース Opinion:EAは「F...

Opinion:EAは「FIFA Ultimate Team」をLoot Boxにしてしまった –

パブリッシャは賭博の問題を認めぬまま解決する立場を取った。

 Electronic Artsは,FIFA 21プレイヤーのための新機能「FIFA Playtime」を発表した(関連英文記事)。これは,ゲームにどれだけの時間を費やしたか,どれだけのお金を使ったかを確認して,その両方に制限を設けることができる。

 「我々は,あなたの体験にさらなる透明性とコントロールを与えるために,あなた方を念頭に置いてこれらのツールを構築しました」とEAは語る。「これらは長期的な取り組みの中での2つのステップであり,常にやるべきことがあります。我々は,今後も有益なソリューションを提供していきたいと考えています。我々の望みは,障壁を取り除くことを容易にして,より早く楽しさにたどり着き,プレイをポジティブなものにすることです」

 このようなツールは絶対にこの業界のスタンダードになるべきであり,EAはプレイヤーのためにこのようなオプションを導入したLoot Boxのビジネスモデルを持つ最初のパブリッシャの1つだ。これは進歩であり,歓迎すべきことだ。

 とはいえ,FIFA Playtimeは,信じられないほど儲かったFIFA Ultimate Teamモードが一部のプレイヤーに悪影響を与えたということを,これまでで最も実質的に認めたものでもある(子供たちにFIFAポイントを宣伝する広告を掲載し,会社側の無責任な行為であるとの声明を発表したことを除けば,おそらくこれが唯一の認識となるだろう:関連英文記事)。

 EAはPlaytimeをFIFAの問題の解決策と呼ぶのは大げさかもしれないが,そのようなものではないと思われるように最善を尽くした。

 「FIFA Playtimeにおけるトラッキングと制限の統合は,より多くの情報にアクセスすることでプレイヤーが快適にプレイできるようになるという調査結果に基づいています」とEAは説明している。「選択を導くためのスマートなプロンプトと組み合わせることで,プレイヤーはより快適なゲームバランスを見つけることができるようになりました」

EAは,問題を認めずに問題を解決しようとしている。依存症治療に対する12段階のアプローチを信じる人たちが言うように,それは最適な始め方ではないかもしれない

 EAの声明によれば,この動きはあくまでも快適さのためのものである。ESAのメンバー企業であるEAは,ゲームには中毒性がないと主張しているため(関連英文記事),ゲーム障害への懸念に対処するためのものではない。また,Ultimate TeamのLoot Box(または「サプライズメカニクス」)は賭博ではないと言っているので,賭博性障害についても確実にそうではない(関連英文記事)。

 EAは,問題があることを認めずに問題を解決しようとしていることが分かる。中毒治療の12段階のアプローチを信じる人たちが言うように,そこから始めるのに最適ではないかもしれない。

 同社が,この動きが対処すべき具体的な失敗を特定するのではなく,漠然と欠点の方向性を示すという判断を下したのは,いくつかの理由から理解できる。

 まず第一に,EAが親やプレイヤーに透明性と快適さを説いている一方で,同社の弁護士はLoot Boxについてはまったく異なるスタンスを取っており,不正行為を公に認めれば法廷では望ましくない意味合いを持つ可能性があるからだ。

 先月,オランダの地方裁判所がFIFAが同国の賭博及び賭博法に違反していることを理由に1000万ユーロの罰金(許容される最高額)を逃れようとしていたEAの試みを粉砕した際には(関連英文記事),それがEAの助けにはならなかったことは間違いないだろう。

 裁判所はまた,罰金を公表しないようにというEAの試みも却下した。というのも,透明性を重視する同社の姿勢は,評判を落とすようなものではないからだ。罰金を隠蔽しようとして失敗したことは,Ultimate Teamの議論において透明性が重要な価値であると謳うEAの試みを損なう一方で,風評被害を増大させるだけである。

 EAはこの判決を不服として控訴しており,Ultimate Teamはまったく無害な軽薄さであると主張するつもりだ。仮に上告がEAの意向に沿ったものになったとしても,EAはUltimate TeamのLoot Boxとその購入を促す特許取得済みの手法を巡って,米国カナダで集団訴訟― 過去3か月間に3件 ―を起こされている(関連英文記事)。

 明らかに,EAには,見て見ぬふりをする法的な理由があるのは理解できる。しかし,その理由が必ずしも同社の行動を導く唯一の動機であるとは限らず,懸念事項への対応が誠意を持って行われているとも限らない。

 EAには,この問題先延ばしにしなければならない直接的な金銭的インセンティブも十分にあり,何年も前からそうしてきた。Ultimate Teamが導入されたのは13年以上前,EAのUEFA Champions League 2006-2007である。翌年にはFIFAフランチャイズに採用された。

EAはFIFA Ultimate Teamについて誰よりも多くの洞察力を持っている。10年以上も前から人々がどのようにFIFAに関わっているかを知っている

 このモードは,2011年までにすでに詐欺の家内産業がその周辺に構築されていたくらい人気があった(関連英文記事)。最近では2017年にEAの最高財務責任者(CFO)Blake Jorgensen氏が,人々が年間5000時間(毎日平均約14時間)もUltimate Teamをプレイしていることを自慢げに語っていた(関連英文記事)。

 EAの幹部は,Loot Boxへの反発が大きくなるにつれ,Ultimate Teamを取り巻く明らかに不健全で過剰なエンゲージメントについては控えめに語っていたが,他の業界と同様(関連英文記事),何らかの意味のある方法でそれを抑制しようとするのは先延ばしにしていた。

 EAは他の誰よりもFIFA Ultimate Teamに対する洞察力を持っている。10年以上も前から,人々がどのようにFIFA Ultimate Teamに関わっているかを知っている。赤旗が立てられ(関連英文記事),ゲーマーからの苦情(関連英文記事),研究者からの警告(関連記事),立法者からの脅迫などがあったにもかかわらず(関連英文記事),この問題に対処するためのEAの努力は,懸念が生じた最初の兆候が出た時点で実施されるべき些細な改善策のようなものであった。

 訴訟や規制当局がEAのUltimate Teamモードに終止符を打とうとしているのであれば,パブリッシャには可能な限り長く引き延ばしたいという動機がある。

 EAの年次報告書によると,昨年度のUltimate TeamモードはEAの純収益の27%,つまり14.9億ドルを占めていた。その前の年は13.9億ドル。その前の年は11.8億ドルだ。Jorgensen氏がこのような発言をした直近の2017年度のUltimate Teamの収益は7億7520万ドルで,同社の事業の16%にすぎなかった。

FIFAゲームが批評家やプレイヤーからのレビュースコアを着実に低下させる中,Ultimate Teamモードはより多くのお金をもたらし,EAのビジネスの多くを占めている

 FIFAゲームで批評家やプレイヤーからのレビュースコアが着実に低下している中でも(関連英文記事),Ultimate Teamモードはより多くのお金をもたらし,EAのビジネスの多くを占めている。EAがこの問題の解決を先延ばしにできるのは,毎年数十億ドル以上の資金が入ってくるからだ。

 現時点での戦略は,バスを駐車し,防御の殻に閉じこもり,最悪のシナリオを可能な限り遅らせるためにできる限りのことをしないことだと思われる。四半期ベースでEAの収益を見ている人からすれば,慎重でリスク回避の戦略のように見えるかもしれないが,長期的に見れば大きな賭けである。

 業界の多くの人がLoot BoxからBattle Passや,賭博心理をあまり露骨に煽っていない他の反復的な収益化スキームへと移行しているのには理由がある。プレイヤーや報道関係者からの反発はもちろんのこと,Loot Boxが業界全体に与える規制や風評被害は計り知れないものがある。

 私は,何か重大な脅威にさらされていない限り,EAが一夜にして事業の4分の1を手放すつもりはないことは理解している。しかし,ビジネスに責任を持つ幹事ならば,このすべてがどこに向かっているのかを見極め,Ultimate Teamからの離脱を開始するくらいには先見の明があると私は信じている。

 しかし,年次報告書の数字が示すように,EAの経営陣は規制や訴訟から逃れられることに賭けて,これらのモードを中心に会社を作ることを増やしている。彼らは短期的には収益を上げているかもしれないが,そうすることで最終的には破滅的な結果を招くことになるだろう。

※本記事はGamesIndustry.bizとのライセンス契約のもとで翻訳されています(元記事はこちら

最も人気

最近のコメント