Scientific Games、「Light & Wonder」へのリブランディングを最終決定

Scientific Gamesは、Light & Wonderへのリブランディングを正式に完了しました。 [Image: Light & Wonder via Facebook]

新たな始まり

Scientific Gamesは、Light & Wonderへのブランド変更を完了しました。世界的なギャンブルソフトウェアとゲーム開発会社は、木曜日に変更の最終決定を発表しました。ライト&ワンダーは、金曜日にNASDAQ取引所で「LNW」のティッカーシンボルで取引を開始しました。既存の株主は、この変更に伴うアクションを起こす必要はありません。

質の高いゲーム作りに専念

今回のブランド再構築の背景には、高品質のゲーム制作に焦点を当てたクロスプラットフォームのトップ企業になるという同社の戦略的目標を反映させるという考え方があります。Light & Wonderは、モバイルやオンラインプラットフォーム、ランドベースのカジノや無料で遊べるソーシャルゲーム向けに、有名なフランチャイズやゲームのポートフォリオを提供するという同社の使命を継続することになります。

より市場性の高いアイデンティティを創造する

ブランド再構築の最初の発表は3月に行われ、同社はオンラインギャンブル事業により重点を置いていた。Light & WonderのCEOであるBarry Cottle氏は、この新しい名前によって、同社は “私たちと私たち独自のサービスと能力を区別するための強力な新しいアイデンティティ “を作ることができると述べている。また、新しい社名は、より市場性の高いアイデンティティを可能にすると考えている。

ラスベガスに本社を置くLight & Wonderは現在、6大陸で約5,000人の従業員を擁しています。

今月初め、同社は宝くじ事業を民間投資会社ブルックフィールド・ビジネス・パートナーズに58億ドルで売却した。宝くじ事業は引き続きScientific Gamesの名称を使用します。この売却の結果、同社は多額の負債を返済することができた。Light & Wonderの現在の負債残高は、88億ドルから40億ドルに減少している。同社はまた、スポーツベッティング技術部門「オープンベット」をエンデバー・グループ・ホールディングスに12億ドルで売却する契約を締結している。

忙しい時期

ライト&ワンダーは、ここ数ヶ月、事業の一部を売却してきただけではありません。この1年間で、オンラインスペースへの重点的な取り組みに沿った興味深い買収をいくつも行っている。

12月には、デジタルゲームコンテンツの開発会社であるELK Studiosを買収した。この取引の条件は公表されていない。その他、スロット開発会社のライトニングボックス、ライブカジノゲームサプライヤーのオーセンティックゲーミングの買収も含まれている。

オンラインカジノ
4.5 rating
カジ旅(Casitabi Casino)は、日本で2015年にスタートしたオンラインカジノで運営会社はスウェーデン🇸🇪の Hero Gaming Ltdのブランドです。カジ旅の魅力はなんと言っても冒険的要素を含んだロールプレイング的ゲームとスロットの種類の多さ
ボーナス合計: 最大$540 + 100スピン
4.5 rating
レオベガス(Leo Vegas)は2012年にオープンしたヨーロッパでも大御所のオンラインカジノ サイト欧州のオンカジ プレイヤーなら誰しもが知っている超有名サイトで、レオベガスを筆頭にオンカジ ブームが起こったとも言われているほど。
ボーナス合計: 最大¥170,000 + 無条件60回スピン
4.8 rating
ベラジョンオンラインカジノは、日本国内で人気No.1のオンラインカジノ!スロットやテーブルゲームなどをオンラインで楽しめる時代が来ました! 今なら新規登録の方に入金不要ボーナス10ドルをプレゼント中
ボーナス合計: 最大$1,030