ラッキーセブンってどこからきたの?

lucky-seven

ラッキーセブンって??

ギャンブルにおいてラッキーセブンが吉とされている理由を考えた事があるでしょうか?スロットマシンに7,7,7と並列する意味合いを何気なくスルーしていないでしょうか? 7と言う数字が幸運であるという事は諸説あるようですが、現在使われているラッキーセブンはかなり最近になってからの後付けの説のように思われます。そもそも7と言う数字が幸運という定義は英語圏を中心とする西洋思想からきているようです。後付けで野球が起源とも言われておりアメリカの野球の試合に置いて、7回目の攻撃で打った球が強風でホームランになったことに由来とされています。余談ですが七が三つ合体した「㐂」という漢字があります。一般的に七という漢数字だと、七夕、七福神、七五三、などありますが あまり見かけない㐂という漢字、変換の仕方や読み方は喜という漢字の草書体に基づく俗字であり、喜と同じ意味であるそうです。七十七歳になった祝いを喜寿と言いますが、これは㐂が”七十七”と読めることを由来とされるそうで縁起がいいようです。このように㐂をはじめ、品、森、晶、轟、蟲のように、2つないし3つの同じ漢字 の組み合わせで構成される漢字を理義字りぎじと言うそうで参考にしてみて下さいね。最もギャンブルでいうラッキーセブン7,7,7は‘’りぎじ‘’ではありませんが・・・当社がお勧めするオンラインカジノのカジ旅でぜひラッキーセブンをだしましょう!

lucky-seven

1885年9月30日のシカゴ・ホワイトストッキングス(現シカゴ・カブス)の優勝がかかった試合にて、7回に同チームの選手が打ち上げた平凡なフライが、強風に乗りホームランにこのホームランにより優勝してこの勝利投手が発した出来事をラッキーセブンと表現したことにより7回が重要なイニングであるということからきているようですが科学的・統計的な根拠はないようです。この影響下のもと日本で7が幸運の数字となったのは戦後のアメリカの野球からきたと想像されたようです。また、諸説ある中で最も有力な説としては聖書と聖書解釈におけるユダヤ教のゲマトリア(数秘術)が由来とも言われています。旧約聖書の中には神が世界を作ったときに6日働いて7日目に休んだという記述があり、7日で世界が完全に作られたことから、7は世界や完全を意味する神の数字とされたそうです。この様に旧約聖書の時代から7は幸運と結びついていたとされています。ユダヤ教の旧約聖書はキリスト教やイスラム教でも聖書とされたので、これが他の一神教文化にも伝わり、これらの文化圏でも7が幸運を意味しています。また、古代ギリシア文化圏でもピタゴラス流の数秘術が発達して、ここでも7は完全や世界を意味する数字とされました。これらのルーツは7を神聖或いは幸運な数字とする伝統はメソポタミアのシュメル文明から継承されたようです。天文学との関連で太陽を含む惑星の数が7つであったことや、月の満ち欠けのサイクルひとつが7日間であることやシュメル神話にでてくる最高神が牛の角を持ち、牡牛座のプレアデス星団が7つの輝く星から成り立っていることが関係していると言われている様です。又、インドのヒンドゥー教で牛を神聖視しますが、これはシュメル文明から受け継がれたものと考えられています。こうした影響を受けたのか、同じくインドで発祥した仏教でも7は縁起の良い数字です。その一方で中国では風水において9が幸運の数字とされ、それに次いで8が幸運の数字とされているようです。つまり7を幸運とする説は色々ありますが、一般的と考えられますが古い文明のものには存在しないので諸説あるようです。当社がお勧めするオンラインカジノのカジ旅でぜひラッキーセブンをだしましょう!

 

Lost Password